×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


前の月 /TOP/次の月




1月26日 さいたま

さいたままでバイクで行ってきました。
さいアリ周辺の駐輪場の巡検と、その地域の散策、そして帰り際に秋葉に寄ってCCHの衣装展の鑑賞が目的。
前に栃木に行った時にさいアリのすぐ近くを通っていたので迷わず到着。
ヨーカドーに隣接する駐輪場がなかなか良い駐輪場でした。初めの3時間無料で1日毎300円だとか。

その後はさいアリ外周を散策。
特撮でよくロケ地として使われるところです。


軽く昼を取ってさいたまを離脱。
ここから秋葉まではこんなルートで東京を横断しました。
どれも主要道路ではありますが、自分にとっては初めて通る道だったのでかなり新鮮でした。
それでも後で地図で確認すると、すぐ一本隣は知ってる道があったりするのが面白いです。
今日初めて走る道を長い時間走ってきて、最後に神田明神下交差点に着くと、
いきなり目の前にいつもの景色が広がる展開にはちょっと感動しました。
ちなみに春日通りと本郷通りの交差点を右折し損ねて、そのちょっと先にて軌道修正しました(
地図では黄色い線同士の交差点だから行けば分かる程度に大きな交差点だろうと思っていたら
思ったより地味な交差点でした(何

ゲマに行って衣装展を鑑賞。



今回も入り口にのみ撮影可能ゾーンがありました。
この入り口に留まらず、展示場内には前回以上にちびゆかが大量発生してましたw




1月25日 シューズ

つま先部や側面に穴あき多数で強制空冷仕様、底も削れて極薄状態のボロ靴を履いてたら
足への負担がものすごく、それが全身を包み込む疲労となって襲い掛かってきたので靴を買い替えました。



前のはここまで使い込みました。
中敷きまでボロボロ(

新品の靴は足への負担もなく(当たり前)とても動きやすく、一歩一歩がとても軽いです。
まるで戦士養成ギプスを外されたような気分です(




1月15日 Cute'n Cute'n Heart Blu-ray

去年6月にさいたまで行われたCCHがBlu-rayとなり発売されたので昨日お迎えしてきました。



例によって映像化されると当日は聞こえなかったライブ用に編曲された伴奏メロディに気付けたり、
当日はモニター越しに見た繋ぎの映像パートを高画質で細部まで見れたりで、改めてあの公演をすみずみまで堪能できますね。
MC中に花道先端付近でゆかりんが虫がいることに触れており、その虫がアップで映し出されていましたが、
その虫の触覚が動くさままで確認できるなど、最近の技術はすごいです。
その一方で今回はカメラ台数も多いようで、高層の席から場内を一望できるアングルも何度か取り入れられ、
ステージ上だけでなく、「ステージを含めた客席」の画が何度か見れるのが良いですね。
現地に居れば当然、初めから終わりまで所定の席に固定ですが、
これは疑似的にいろんな席からステージ見れているようで面白いです。大会場ならではですね。

そして個人的に一番驚いたのが、ゆかりんの乗るトロッコや、ティモうさをまとめて発射するバズーカにGoProが装備されていたこと。
自分がしょっちゅう使うアイテムが、まさかあのライブでも使われていたとは驚きです。
しかもうさバズーカに装備されたカメラで撮った映像にさらに特殊エフェクトが付いてて爆笑しました。ファンシーすぎるw

もともと完成度の高かった公演が、映像作品としてもかなり良いまとめられ方をしており、
ファンとしては非常に魅力的な一作ですね。
個人的にゆかりんのライブBDのなかでも史上最高クラスのクオリティを誇る名盤だと思います。




1月13日 トップケース

ちょっと前にGIVIのトップケースを購入したものの、装着する場面がなかなか訪れませんでしたが、
今日ようやく付けて走行してみることが出来ました。
購入したのは、GIVIのE33Nです。



CRF250Lのカタログには30Lのものがオススメされていましたが、それだと容量がちょっと不安だったので33にしました。
それ以上になると車体の細さとの兼ね合い的にもちょっと・・・となりそうだったので33にしました。

バイクに乗る以上、装備はちゃんとしておきたいものですが、
目的地に着いてそのままの格好でそのまま活動するのはちょっと不便です。
ライディングジャケットやオーバーパンツは脱いで畳んで荷台にネットで縛り付けておけばいいのでしょうが、
ここで雨に降られるとずぶ濡れになってしまうということから今回のトップケースの購入に至りました。
カギでロックする構造なので、荷物の盗難対策にもなりますし、いわば車のトランクのようなものですね。
積載が簡単・安全になったので長距離ツーもこれで捗りそうです。

自分が買ったのは表面が未塗装でざらざらしており、シール等が全然くっつかない性質のものでした。
また、カメラマウントの吸盤もいっさい吸着しないのも意外でした。
正直、トップケースに吸盤マウントをくっつけて後方アングルなんかを狙おうかななんて思っていたのでこれはやられました。
これは塗装版も同じなのかな・・。




1月12日 CCHトレーラー

去年6月のゆかりんのライブCute'n Cute'n HeartがBDになり、
その宣伝のアドトレーラーが例によって都内を走っているということで見に行ってきました。
今回はトレーラーの運転席上部に光るパネルが設置されていてパワーアップしていました。
(アドトレに詳しい人の話によると今回のゆかりんだけでなく、ちょっと前からこの仕様になっていたようです。)


夜間に点灯する部分

新宿西口ロータリーにて

前と横 

原宿にて後ろ 

撮影の途中、原宿で外人に道を聞かれました。
実は前回のゆかりちゃん祭り号の時にも秋葉で外人に道を聞かれていたり(
トウキョーは外人多いですねー。
今回は相手方のスマホで行きたい店の住所を見せられて、すぐ近くに周辺案内図があったので、
多分ココですと指で現在地と目的地を伝えることが出来ましたが、
日本語で「えーと」とか「うーん」とかでいいのでしょうが、ちょっとの間の沈黙を英語で繋ぐのは難しいですね。
ここらはちょっと勉強してあとは経験ですね。
トウキョーに行きまくれば経験値を積めるか!?



1月5日 希望の追加

黒うさぎにて2月から始まるゆかりんのライブツアー、Fruits Fruits Cherry(ふるふるちぇりー)の追加公演が発表されました。
今までツアーなり、ツーデイズなり、千秋楽公演は応募者多数のため抽選となり、落選したとしても、
機材開放による追加販売などでかろうじて救われてきましたが、今回のこのふるーちぇツアーでは、
千秋楽となる福岡2daysにFC先行で落選し、一般販売にも挑めず、(未入金等による)席の復活もなく、
いよいよここまでか・・・と今回ばかりはさすがに覚悟を決めていましたが、ここでまさかの追加公演決定となりました。
ありがとうございます、ありがとうございます・・・!

舞い降りた大切な時間、ちゃんと受け止めたいですね。




1月3日 2014初ツー

2014年初のツーリング。
とはいってもゲートブリッジを渡って若洲で缶コーヒー飲んで帰ってくるだけの短い距離ですが。
ちなみに最後にエンジンかけたのが12月23日で、それ以降10日ほど極寒の中カバーに包まって
眠っていたバイクですが、昨晩ためしにエンジンをかけてみたところセル一発で普通に始動できました。
FIとはいえこれはビックリ。頼もしいですね。

今回のルートは8月にいったルートと似た感じで湾岸沿いを走ってきました。
羽田空港→大井埠頭→中央防波堤→ゲートブリッジ→新木場→東雲→
ビッグサイト→青海→トンネル通ってふたたび中防→そのまま来た道を帰る、という感じに。


2014年初ツー on Twitpic
若洲海浜公園までのダイジェスト


帰りの国道15号は駅伝のコースになっていて、反対車線(のぼり)では
一車線をロープで封鎖してコースにし、歩道には選手が来るのを待つギャラリーで溢れていました。
そしてそのまま南進していき、多摩川を渡っていると南の空に駅伝の模様を撮っていると思われるヘリが2機飛んでるのが見えました。
それを見て、今選手はあの辺を走ってるのかーと予想できました。
普段と違う雰囲気の道路もいいものです。



駅伝のコースを走行


1月1日 2014 

あけまして、と見せかけて喪中でしたキャンセル。

なのセントにログインしたらいつもの画面が表示される前に
着物を着たキャラクターの立ち絵とメッセージが追加されていて、おぉ!となりました。これは嬉しいサプライズ。
今年もゆかりんより(FC会員向けに)年賀状が来ていました。
こういうのは支えになります。ありがとうございます。