×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


前の月 /TOP/次の月




8月31日 コールド

昨日の朝、起きた瞬間から喉にかなりの痛みがあって、うがいやのど飴でやりすごしていたけど、
今日になってまた一段と酷くなる。
症状からしてどうやら夏風邪らしい。
ジョギングして汗をたくさん流して風呂に入って飯を食べて早めに寝ても全然楽になりやしない。
冬の風邪はいつもこれである程度楽になれるんだがなぁ・・。
夏風邪はしつこいとか長引くとか言われているけど、こういうことだったのかと身をもって実感。
どうにか治す方法はないものか・・。
とりあえず、過去に処方された薬がいくつか残っていたので、その薬の名前を検索して効果がありそうなものを飲んでおきました(

いろいろ思い返すとケルディオ見たときに近くで咳をしていた人がいたような記憶が。
冬はしょっちゅうマスクを付けるけど場合によっては夏も必要だなと思ったのでした。




8月28日 剣

ケルディオ見てきました。
イワパレスが「がんせきほう」を撃つシーンが爽快でした。あれで何匹吹っ飛ばせるのかw
今回は劇場版にしては珍しく、あまり広い範囲に話が広がらず、
登場キャラクターもそこまで多くないままドラマが進んでいくのが印象的でした。

あとそれなりに浮世離れしているので、ローラという人の特徴をこの映画で知ることができました(何
ラジオStrikerSでやってたのはあれか。




8月25日 ウルフェスとアニサマ2012

アニサマの日です。
が、アニサマに行く前に池袋で降りてウルフェスに行ってきました。



今年はウルトラセブン45周年ということで、セブンメインな感じのイベントになっていました。
各話をわかりやすく説明したダイジェスト記事があったり、名場面の映像を流していたりで、
例年に比べて展示物がちょっと少なめで、それ目当てだった身としてはちょっと残念でした(
が、セブン特集ということで、ウルトラセブン本編にとどまらず、
後のシリーズに客演した時の展示物があったのは予想外でした。


ベムスターかなり大きかったです

ウルトラスパークはかなり重量感があるように見えました

例の杖。
これは実際にレオの撮影で使ったものだそうです。

ぶら下がってたペダン星人の円盤。
他にもいろんな円盤がありました。セブンらしい。

途中、ウルトラホークの模型(市販のものっぽい)のジオラマがありました。
よーく見ると、格納庫の壁や装飾はベニヤに色を塗ったような、わりと安っぽい感じのものだったのですが、
ジオラマ内部に設置されたカメラから出力された映像をモニタで見てみたら、それほど違和感を感じなかったのが面白かったです。
リアルなウェサリング塗装が施された模型というものはいろいろな場所で展示されているのを見ることができますが、
やはり周りのセットが組んであるとすごく見ごたえがあります。

   
   


堪能したので撤退。

お昼を食べて歯を磨いてさいたま新都心へGO!

 

現地の地理を知ってる人は上の2枚の写真を見るとわかるかと思いますが、
ジョインアベニュー発展のため人の多いところをさーっと歩き回りました(
おかげでそれなりにすれ違うことができました。
みんなこういうイベントの日にふさわしい挨拶をしていて見てて面白かったです。

時間になったので入場。
今回はステージの対極に位置する200レベルの角のあたりでした。
開演前、近くの人がゆかりん用にピンクのサイリウムを配っていました。やるなぁ。
自分も公式ペンライトに移行した際、家にストックしていたピンクルミカをリリパWの時、近くの人々に配布したものです(
普段自分はペンライトを普通に使うの1本と、予備用にもう1本持っていて、この前のFCイベントでも後ろの人が
「借りてもいいですか?」と頼ってきたので貸すことができたのですが、こう考えるとペンライトも複数持っていてもいいかもしれませんね。
というかツアーを重ねるごとに1本ずつ増えていくので、むしろレンタル用に用意しておくというのはアリな選択肢かもしれません。
荷物がかさばる点については知らん(

やがて開演。
1曲目はゆかりんとMay'nさんのコラボでスタート。
ゆかりんがトップバッターを務めるのは08年、11年に続き3回目ですね。
曲はおしえてA to Z。クラップにも力が入ります。
それ以降、ラストのゆかりんのターンまではほぼ全てが初見の曲だったので、違和感なく周りに溶け込むよう努めました。
数少ない自分が知ってる人であるmotsuさんの声が耳に入ってきた時はなんか心が落ち着きました(
そしてサプライズゲストに森口博子さんが登場し、後ろの30代くらいの二人組の人がイントロを聞いて絶叫していました(

そして今回のトリを飾るのが我らがゆかりん。
これより以前にテンポ速めのハイな曲がかかっていたというのに、よく効いてる冷房と疲労のせいで、
うつらうつらとなるほどボロボロだったのですが、ここに来てそれらが一気に吹っ飛びました。
むしろ優しくゆっくりな微笑みのプルマージュのイントロを聞いているのに、くわっと開眼し血流が良くなり始めるとか(
ステージモニターに巨大な城が映し出され、暗めの舞台の上でゆかりんの後ろから光が照らされ
シルエットだけ浮かび上がった光景は立っていた位置の高さもあってかなり神秘的な画でした。

続いて滑空の果てのイノセント。これは予想と期待をしていただけに嬉しかったです。
それなりに名の知れたゲームのEDなのもあってか全体的に盛り上がっているように見えました。
こういう大会場公演に向いているいい選曲ですね。
続くMCでは各ブロック(nレベルとか)へのレスポンスを求めたり客席アンケートをしたり。
海外から来た人もポツポツいるようです。
続いてEndless Storyへ。
去年に続いて2回目ですが、去年はCD発売前のお披露目だったので今年はしっかり応えられてよかったです。
直線的に盛り上がれる土台に間奏でのコールや疾走感ある後奏などかなり好みです。
アニタイということもあってかそれなりに知名度もあったみたいです。
そしてESが終わって、これで3曲終わったけど終わりじゃなさそうだ・・という空気の中、motsuさんが登場。
この時、花道にてステージ方向を向いてちょこんと立っているゆかりんの前に
筋肉ムキムキのmotsuさんがメインステージにドーンと立ちはだかった(?)映像がモニターに映し出されて
そのシュールさに思わず笑ってしまいました(
motsuさん登場ということで、披露される曲はYou&Me。
You&Meは2年ぶり2回目の登場ですが、この曲はそもそも08年のアニサマがあったからこそ生まれた曲なので
むしろ毎年出されても文句はありません(
ラストのコラボということもあってか豪華な構成となっており、ステージからアリーナ中央までゴンドラが走りました。
さすがにこちらのアリーナ後方の方までは来なかった^^;
知名度が高いだけあって万遍なくラップが響いているように感じました。
2番が終わってから続く「1、2!」の直後にmotsuさんが「すっげw」と言ってたのが印象的でした(
そんな感じでものすごい盛り上がりに包まれてゆかりんのターンが終了。
披露された今回の4曲はバランスのとれたいい選曲だったなぁと思いました。

アンコールでは出演者が勢揃いし、それぞれからの挨拶とテーマソング「INFINITY 〜1000年の夢〜」が送られる。
テーマソングも毎年ろくに予習しない身ですが()、毎年この雰囲気はいいなぁと思います。

今年は知らない人ゾーンがかなり重かったですが、ゆかりんパートが歴代の中でも
かなり好みだったのでそこで救われた感がありました。




8月24日 サポート

疲労を感じたので前日21時頃に早寝。
それなりに熟睡した感がありつつ、ふと目覚めるとまだ夜中の0時という。
なんか風邪とかに苦しんでる時によくあるパターンですね。
で、ふと過去のアニサマの映像がニコ生で放送されているということを思い出し視聴を開始。
すると、まもなくゆかりんのターンだったのでメモ帳開いてペースト用ロングコールのスタンバイ(何してる
実際に発声する音さえ合ってれば問題ないのに、わざわざ歌詞カード引っ張り出して
正式な表記で打ち込みたくなるのがホントもうね(ジャスラックノモノデs
まぁでも「ろっきんろっくんろー」を正しく書け、と言われるとアポストロフィーの位置が曖昧だったので
きっちり裏を取ること自体は悪くないですね。

で、動画の該当部分でコメントをctrl+vでボンボン落とし込んでいってたら、
自分と同じことを同じタイミング、同じペースでやってる人がいて吹いたw
やる人はいるものだ(




8月23日 パス

JRから秋の乗り放題パス というものが秋に発売されるそうです。
18切符の秋バージョンともいうべき(?)鉄道の日記念切符が今年はこれに替わるのだとか。
鉄道の日記念切符との違いは、値段が7500円だということと、
使用できるのが「任意の3日間」ではなく「連続した3日間」に限られているということ。
従来のものより1680円安いのはお得ですが、3日連続縛りはちょいとキツいですね。
使用期間は10月6日〜10月21日までなので、うまく連休なんかに旅行の予定を組み込めるといいですね。




8月21日 おるすばん

今日はゆかりんのベストアルバムのPV映像の撮影が行われていたようです。
そのエキストラ募集がFC会員の人を対象にちょっと前に行われましたが、
その情報の発表が急すぎたのもあって残念ながら行けずorz

本来なら行けないこともなかったのですが、ちょっとタイミングがピンポイントで悪すぎましたorz
当たり前にある日常を目に余る自身の至らなさでもって壊す人間はどこの世界でも許しがたい存在ですね。




8月19日 ファイヤーヘッド

頭をバンドで締め付けられるような猛烈な頭痛に襲われる。
たまらず何年かぶりにアイスノンと冷えピタのコンボで頭を冷やす。
頭が異様に発熱していて冷えピタがすぐにぬるくなってしまった。
数時間冷やしてようやく落ち着きました。
たまらずうめき声を上げてしまう程の痛みだったが原因は何だったんだろう・・。




8月17日 777

毎日麦茶をペットボトルに入れて持ち歩くことで水分代の節約を図っているのですが、
やはり夏は自販機に頼ってしまう時もあります。
ということで格安の100円自販機のもとへ赴く(
するとルーレットに7が3つ揃って当たりが出たーーーー!
自販機で当たりが出たのは人生2度目、2年ぶりのことです。



その当たりの一手で、お徳用サイズに手を出すあたり必死です(




8月15日 アド・・・だがリベンジ

今度こそまともにアドトレーラーを撮るべく午後より都内へGO。
今回は不運に振り回されることもなく、ようやく思い通りに撮ることが出来ました。満足。
トレーラーからはCDに収録されている音楽が流れているので、
この先、それらの曲を聞く度にこうしてトレーラーの近くで過ごした時間を思い出すようになるかもしれません。

渋谷での一枚。



この後、秋葉にも行って写真を撮ってきました。
こっちはまたトラック前に標識が入ってしまったので拡大は無し(


「り」が隠れているorz

ハンドルにまたがるちびゆかとアドトレーラー


これでこのプルマージュアドトレーラーが走行する、渋谷、新宿、池袋、秋葉原、原宿のうち、
渋谷、新宿、秋葉原の3か所での写真を撮ることができました。
初日の日にパンクしてなかったら池袋も撮れていたのに・・!
ゆかりんアドトレーラーはこれで3回目の運行ですが、今回は原宿も走行するようです。
運行スケジュール(pdf)によれば、原宿を走るのは最後の土日の各日一時間だけということなのでそこを走る姿は貴重ですね。

渋谷にいるときにとくに感じたのですが、日本国内でもトップクラスの歩行者数を誇る地域で
あの大きいトレーラーを走らせる運転手さんはすごいと思いました。
ましてや土日の原宿なんて想像しただけでも疲れます。


たくさん写真等を撮れたので帰宅しました。
消耗した体にモンスターエナジーがうまいです(´ー`)




8月13日 思わぬ事態

今日から微笑みのプルマージュアドトレーラーが都内を走り回るようです。
今日の運行予定は

12時〜16時 秋葉原
16時〜17時 池袋
17時〜19時 新宿
19時〜21時 渋谷

となっているようです。
そんなわけで、トレーラーを見に&撮りに行ってきました。
が、途中で後輪がパンクして秋葉と池袋を走るさまを見ることができませんでした_| ̄|○
で、新宿でひとまず撮ることに成功し、次の渋谷で待機していたのですが、渋谷では一目たりとも目にすることができませんでした。
今日の運勢はかなり悪かったと思いますorz
ただ、お盆シーズンの早期納入(?)もあってか、秋葉では既にCDが発売していてこれをゲットできたのはよかったです。

この日のために用意したといっても過言ではない機材が今朝になって突然不具合を起こしたり、
自転車がパンクして計画が根底からパァ、時間内にちゃんと待機してたのに渋谷でトレーラーに一度もめぐり合うことができなかったりと
かなり酷い不運の3ヒットコンボを食らいましたが、CDがゲットできたという思わぬ喜びのおかげで
ダークサイドに堕ちずに済みました(

新宿での一枚。



手前に標識や木が入ってしまいました。
今度はもっといいのを撮りたいですね。




8月10日 C82の日

コミケ初日ですね。行けませんでしたが(
とりあえず、個人的になのは劇場版のグッズは今のところそこまでマストと判断するものがないので助かってはいます(何
じゃあ、お前にとって飛びつくグッズとは一体なんだ?と言われたら、
今はVividのアニメ版デザインのグッズ、と答えるでしょう。
そもそもVividがアニメ化する、だなんて情報はまずまったくないし、かなり現実味の薄い希望ではあるのですが(
要するに、StrikerSに続く正史シリーズのアニメ版デザインのグッズが出たら、
すべて・・振り切るぜ!状態になってしまうでしょう、ということです(

そんなわけで自分にとって今回のコミケに用はないわけですが、やはり09年に実行した、夜中の2時に家を出て、
およそ36kmの道のりを自転車で自走、あの人混みの中に単身突撃し、ブツをゲットした達成感を知ってしまって以来、
またこれに挑みかかりたいという気持ちはあったりします。
ただこれが出来るのは夏に限ります。冬は大人しく始発電車で人波に揉まれるとします。
自転車に乗ればどうしても発汗は抑えられないので、寒さに弱い自分にとっては汗をかいて(タオルで拭いたとしても)、
体が冷えた状態で冬の野外に長時間並び続けるという行動は死を意味します(
たとえるなら「ひかりのかべ」+ヤチェのみを持ってしても高乱数一発で落ちる程度の脆さだということです(弱

で、今回のなのはブースはブツの搬入量が極端に少なく、始発はおろか徹夜組ですら買えなかったのだとか。
これは近年稀に見る酷さだと思います(
でも通販による救済措置を取るのだとか。これはさすがにそうせざるを得ないでしょうね。
この異常事態・・、いや特異事態を見て、とある妄想が浮かんできたけど
そんなことを書いたら何者かに消されるかもしれないので黙っておきまs(ターン




8月7日 OST

ようやく劇場版なのはのサントラをゲットできました。
映画の尺が長いだけあってか、曲数もかなりあります。
聞き慣れたTV版の音楽と比べると全体的に大人しめというかパンチに欠ける印象を受けました。
今回の劇場版は1本の映画の中にTV版13話分のたくさんの場面を詰め込まないといけないので、
TV版のようなキャッチーなメロディが次から次へと出てこられてしまうと胃もたれを起こしてしまうということでしょうか。

TV版の音楽が自分の中に強く染み込んでおり、今はこの映画全体を万遍なく包み込むこれらの楽曲がまだ身に馴染まない分、
「欲しかった時間」の中の1stからのメロディ流用部分には強く反応してしまいますね。
しかしブックレットにメロディ流用のことがしっかりと明記されているのはこの曲だけですが、
「エクセリオン・セットアップ!」と「Lightning Assault」にTV版の「溢れるパワー・無敵の勇気」と「金の閃光」に
似たメロディが4、5音ほど入ってるように聞こえるのですが、やはり意図して盛り込まれたものなのでしょうかね。
前者は3音ほどなのでよくあるメロディだ、で片付けられるような気もしますが(




8月6日 FiL当落

ゆかりんの秋のライブツアーFall in Loveの先行申込みの当落結果ハガキが到着。

5月のFCイベントの時にツアー開催のお知らせが発表され、その会場名が次々と表示されていった時点ですでに、
こりゃまたILRみたいに大落選祭りだな・・と思っていました。
10公演あるうち、もし仮に全部申し込んだとして、横アリはまぁ大丈夫だろうけどそれ以外はおそらく全てが抽選となり
2つか3つ当たってればいい方だろう・・というのが正直な予想でした。

が、実際の結果は意外にもそこそこ当選していました。
とくに今回強く希望していたNHK、山梨、福岡が当選していたのはとても嬉しかったです。
なかでも初日のNHKホールは、ツアー初日であること、人の多い関東であること、箱が小さい、ということから
超絶倍率が予想され、最近の落選っぷりからして落ちて当然、当選できるのは一体どんな人なのだろう・・、
なんて思っていただけに当たったのが信じられませんでした。
「はいはい落選落選・・」と思ってハガキに目をやり、「当選枚数」の欄に「1」という表記を確認したときは
「な、なんだこれは・・」とフリーズしました(

たしかな情報が公開されているわけではないのであまり細かく言えませんが、これまでの傾向や、
今回直感的に見切ったものなどあらゆる要素を踏まえたうえでの選択をしてみましたが、これがかなりいい方向に出てくれました。
これはこの時点での当落の結果に限らず、いい未来が見えてくる気がします・・!



アニメ、わんおふの先行上映会の生放送があったようで、これをタイムシフトで視聴しました。
HONDA協賛だけあって、エンジン音やパネルなど細かいところが徹底してて見てて安心できました。
また、最近原付で遠くまで走る身としてはかなりタイムリーな内容で共感するシーンが多かったです。
ただ、海を見に行くために長野から原付で夜中に出発するというのは苦行すぎるだろ(
普段CBRに乗ってるシンシアが春乃に合わせてモンキーで一緒に走るところがミソですね。
しかしこんなアニメを見せられたら今の原付を手放せなくなる(