×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



前の月 /TOP/次の月



1月31日 メモリアルフィルム
なのは映画3回目。
渋谷、川崎と見てきたので、今回は池袋に。
10時頃到着したら、もうだいぶ埋まってて18時15分の回を取ることになった(
これで3回目なのでついにフィルムと交換できるぞ!!
フィルムは受付の人が後ろの引き出しから持ってきて渡してくれる方式でした。
気になるその中身はフェイトさんでした。メインキャラが写ってるシーンってだけで十分、
さらに振り向きの動きが入っててかなり満足。

上映まで時間があり、ミュウのクリアファイルを受け取るよう某依頼も受けていたので、
ポケセントウキョーまで行ってみる。
が、

停電だと((
休業なのは別にいいけど、ついでにここの安定トイレを借りようと思っていたので地味にショック(
同じように休みだと知らずに来た、親子連れがたくさんいました。
エスカレーターを上ったところにポケウォーカーを持った子が、待ち構えていたけど、
ポケウォーカーを持っていないオーラを出しつつ華麗にスルー。
ハウスを荒らされるわけにはいかんのだッ!

適当に池袋に戻り、映画を鑑賞。
フィルムのつなぎ目と思われるエマージェンシーの箇所がなかなか不自然だった(

帰宅後、フィルムをスキャナで取り込み、デジタル保存。


1月30日 夜天の祝福
なのポのリインシナリオのアツさは異常。
これは燃える・・!
てか、ユニゾンデバイスはユニゾン中に主の意識が飛んだとき等の緊急モードとして、
融合騎側の人格が出て行って敵をやっつける!ってのができるのは知ってたけど、
はやてはあんなことできるのか・・。


1月29日 New

ポケモン新作製作とな!? 
早い((
まぁ新作発表があるたびにいつも思うことだけど(
DPになるときも、エメ環境はあと1〜2年固定でいいなぁと思っていました。
しかし、それなりに待ち焦がれ、完成度もそこそこ高いHG・SSがようやく出たのに、
間もなくこれとはちょっと駆け足に感じる。
ゲームバランスはDPの時のねむり状態の強化を除けば、たいてい不満とかはなかったので、
今回も大丈夫だろうと思う(


あとバトレボの最新化をはやく・・。



1月28日 CENTER  

なのポ、ストーリーモードを埋めていく。
最終戦でフルドライブバーストが炸裂すると通常とセリフが変わるのが面白い。
中でもヴィータのがアツかった。
公式のキャラ紹介のところで「曲がったことが嫌い」というフレーズを見てまっさきに泰造が浮かんだ(

というか、これまでのヴィータの紹介にこの一文はなかったと思う。


1月27日 なのポ 

シャマルさんを重点的に練習。
難易度を「難しい」に設定したCPUのクロスレンジの反応は異常w
とくにリインのブロックが意味不明な性能過ぎて、最大HPの1/4近く削られて笑えるw


1月26日 My Wish My Love 
ゲマでMy Wish My Love、NANOHA The Movieサントラ、Vivid1巻を購入。
購入物はCD2枚とコミック1冊なのに、特典がいろいろ付いてきて賑やかになった(


My Wish My Love、ジャケットから歌詞カード、ディスクレーベル面まで緑一色で目にこれは優しいいい(何
そしてついにipodでPrincess a la modeのセットリストが組めるぞー。

これまでライブや映画で聴いてきたけど、My Wish My LoveがついにCDで聞けるー。
ものすごく安心感のある曲だ・・。
Tiny Rainbowもほんわか系の曲かと思ってたら、バスドラの軽快なテンポが心地よく、
思った以上に魅力的な要素がてんこ盛りな曲だった。
さすがゆかりん本人がTwitterでの黒うさ実況で自らタイニー神曲すなぁとお呟きになられただけのことはあるw
2ヶ月連続リリースということで、前のYou&Meの満足度がかなり高かったのもあってか
新曲の時期が密集すると一曲一曲への思い入れが薄くなったりしないかと思ったけど、そんなことはなかった。
今回のは特にクオリティ面での足腰の頑丈さがガッチリしていると感じました。



1月25日 2連なのは 
時間があったので川崎でなのは映画を観てきました。2日連続だぜ、ヒャッハー!

今日を逃すと今週はもう土日まで見れなさそうだったし、十分な数を用意してるとはいえ、
特典がなくなるかもわかりませんし。
とは言ってもさすがに、一日に複数回見るのは出来ないな。
鑑賞を苦行とか作業とかにはしたくないですしね。
そんなわけで、2回目鑑賞のスタンプを貰う。
目当てのフィルムを貰うにはあと1回なので、ここではポートレートには引き換えないでおく。

2回目なので、細かいところに目をやる余裕が出てきました。
なのはさん、髪結んだまま一晩寝てたのか(
フェイトとアルフの私服がやっぱりスタイリッシュでかっこいい。
クロノの見せ場をもっと増やして欲しい(
せめてスナイプだけでも・・!
なのは達みたいな火力は無いけど、魔力の「運用の上手さ」が強さになってるのを
短くわかりやすく見せるのは難しいのかな。



1月24日 NANOHA The MOVIE 1st 


渋谷東急にて、NANOHA The MOIVE 1stを見てきました。
上のパンフレットですが、キャストインタビューのところにレイジングハートのDonnaさんと バルディッシュのKevinさんが顔出ししてて吹いた(
グッズは初日に売り切れまくったようで、パンフレット以外には文具とタオルくらいしかありませんでした。

で、映画の内容の方はというと、予想以上でした。
個人的にいつも注視してしまうのが作画の面なのですが、体感75%くらい奥田絵で、
見ててすごく安心したというか感動しました。
やはり3期(TV放送版)のことがあるのでそれがちょっとトラウマになってたり(
こんななのはを待っていた・・。

話の方もうまくまとまっていたと思います。
サウンドステージや小説でしか見れなかったリニス周りもしっかり描かれてて満足。
プレシア自身もだいぶエピソードが補足されてて、アニメのみの視聴だった人にも、
単なる狂った人ではなかったという認識がより広まったのではないでしょうか。
リメイクということで、変わったところ・変わらなかったところ の見比べも楽しめました。
なにげにフェイト復活時のジャケット構築から次元転移までの各カットが、TV版と同じ構図だったのもよかった。
なのはやフェイトの衣装デザインが変わっている中、クロノはほとんど変わってないなぁと当初思っていたけど、
上睫にやや釣り目成分がプラスされてて、かなり引き締まった顔立ちになってて心地よかった。
あとは、3期以降見ているとやはり管理局主体な環境になってきているので、このちょっと新鮮な
はじまりの物語の世界に、管理局の執務官であるクロノが初登場するシーンには
キター!感みたいなのが炸裂しました(

BGMもinnocent starterやLittle Wishのアレンジが入ってて十分満足なのに、
さらにキャラソンからFlying high!のアレンジまで持ってくるところがツボった。
なのはがフェイトのファランクスシフトを耐え切り、その後の反撃バスターを打ち終えた場面での
次の一撃を予感させるBGMが不穏な雰囲気を醸し出していて思わず笑ってしまった。もうやめてあげてー(
そして、ゆかりんがライブでMy Wish My LoveをEDらへんでかかる曲と言っていたのはこういう構成だったからなのか。
フルで聞きたいけど、PHAMTOM MINDSもフルだしさすがに連続でフルはなしか。
そもそもマイマイがEDテーマで、ファンマイが主題歌とされていて、OPは無い構成となると、尺や絵の量的にも難しいか。


話のテンポもよく、なのはらしさがうまくまとまっていて初めてなのはを観る人にもオススメの映画でした。
さて、特典もあるしこれから何回見るかな(


1月23日 公開日

NANOHA The MOVIE 1st公開日ですね。
今日は行けなかったので明日行きます。


1月22日 ネギ 

食べたい時に食べるネギラーメンのうまさは異常。


超ラジにゆかりん。
映像が切れる直前で携帯を手にしたのが映り、Twitterを見たらリアルタイムで更新されててちょっと感動。
絶妙すぎる表情でカメラに向かう顔芸(?)に何度も笑ってしまった(
無言の溜めによる破壊力w


1月21日 THE BATTLE OF ACES
なのはA'sポータブル発売日。
予約していたメイトが20時閉店だったけど、どうにか19時49分に滑り込んで引き受け完了(
8大特典付きのリリカルBOXということで、箱がかなり大きいです。

しかし、お風呂ポスターとか使える機会がそうそう無さそうだ(
ゲームの方は、これまで劇中設定の説明文にあったとおりの戦法がそのまま実現できて楽しいです。
その緻密な設定の数々に、2006年くらいから、これがこうならああ出来るよな、
といろいろ考えることが出来たわけだけど、それがついに自分の手で動かせるのが感激。長かった・・。

発売前にこのゲーム初出オリジナルキャラのマテリアル達の姿も確認できましたが、
その時は、これ公式のキャラじゃなくて、どこかの国に無許可でパクられたキャラだろー、というのが第一印象でした(何
でも、声が付いて動いてるのを見たら受け入れられるようになりました(何
雷神の僕ッ娘+厨ニ+アホの子キャラで姿がフェイトモデルとかカオスすぎる(

あと、ストーリーモードの最後のエタブレとブレフェニのアレンジが熱すぎて消火不可能。
EDのTiny Rainbowも背景の絵やスタッフロールのフォントと雰囲気がマッチしててクオリティ高いです。


で、PSPのゲームを初めてプレイしてみたんですが、咄嗟にRを襲うとすると、
手のひらで電源スイッチをスライドさせ、POWERオフにしてしまうことが多々あるんですがw
これ電源の位置おかしいというか、ダイレクトに入力するアクションゲームには向かないのでは(
PSPはゲーム機というより、ゲーム「も」できるツールと考えれば問題ないのだろうけど・・。
そういう意味で、自分史上最も一体感があったのはやはりGCコントローラーかな。
周りに賛同者はほとんどいないけど、スマブラDXとか思い通りにダイレクトに動けて最高だった・・。
まぁGC初登場のNSW2001のパンフでの紹介でみっちりそのハードのウリを
叩き込まれているというのもあるかもしれませんが(何


1月20日 足音
今はいている靴の底部分が割れて、1歩踏み込むたびに割れ目がこすれる音がして、
猫の首輪の鈴の役割を果たし、我が隠密性が損なわれているので新しい靴を購入。
在庫処分中で店頭に3000円くらいのスニーカーがあったのでそれに(
今はとりあえず役割が果たせればそれでいい。



1月19日 リフレクター

PSPに軽く画像や動画を送ってみる。
対応している形式のはずなのになぜかほとんど再生されなかった(
PS3だとどれも普通に再生できるんだけどなぁ・・。
せっかく過去に録画しておいた魂のポケモンバトル(事前公開なし1vs1シングル)の動画を
PSP上で再生しようと思っていたのに(何


1月18日 PSP 

寒中見舞い第一波を出しました。

なのはA'sポータブル発売に備えてPSPを購入。
欲しいゲームとかは特に無いので今日は本体だけ。
ウルトラマンFE0とかも気になるけど、しばらくはなのポにどっぷりになるだろうからいいだろう。
色はパール・ホワイトを選択。
3月にブロッサムピンクが出るらしいけど、ちょっと時期が悪い。
この場面でそこまで待つことはさすがに厳しい。
DSのように俺デコしようと思ったら、デコれるスペースが表側にはあまりなかった。
とりあえず、裏にa la modeプリンに付いてたぷりんちゃんステッカーを。
わしのプリンのパッケージシールはあと、ショコラ1枚とゆかりん2枚が残っておるぞ。(きいてない




1月17日 休み

家で休息してツアーを思い返してみたり。
やはり何公演も続けてきて、最後を締めくくる横浜がなぁ・・。
なんで間違っちゃう人っているんだろう。

たとえば一部のファンの人がここでのサイリウムの色はこの色にしましょうって言ったとする。
それが演者や曲のイメージや歌詞にぴったり合っていて、多くの人からしても合点のいく意見だったとしても、
あえて言えば、それに絶対に従わなければならない、ということはない。
(ちなみに自分はこういう状況においては、その統制の内容をまず自分の考えで筋が通っているかを見極め、
判断を下す、というスタンスを中心におきつつも、基本的には「より良いものを作ろう」という意志が感じられる流れに対しては
積極的に賛同しています。)

しかし一部のファンではなく、公演の中心となるステージ上に立つアーティストが直々に、自分の「好き嫌い」の好みの問題でなく、
「体に弱いところがあってそれを脅かすからやめて」という理由で使用の停止を求めている以上、それに従うのは当たり前のことです。
それが出来ない人のなんと多いことか。
べつにその事をまったく知らないでやってしまったという人には誰もそこまでガミガミ言ったりしません。
ただ、2009年3月のDMC幕張にて、

「あのー、ウルトラオレンジ眩しいんでやめてください。
(中略)ごめんねー、高まってる気持ちはよくわかるんだけど、なんにせよ、ゆかりが目がものすごく悪くて、
ものすごい光を焚かれると目がチカチカってしちゃうんですね、ごめんなさいね。」


とまで、ゆかりんにここまで率直に言われておきながら、まだUOがこれほどまで蔓延ってるのはどういうことか。
しかもそれが、今回の同行者の中にも複数居たこと。(そのDMCに参加していながら)

まぁ、DMCでのそのMCがあった後のTomorrowで(当時スタンド席だった)自分の斜め後ろから強い光が差した時に、
「あぁやっぱり駄目な人なのかな」って思いましたよ。
開封したサイリウムは暗所にでも保管しておけば時間が経っても、遜色なく使えることは知っていたはずですが、
用意した以上、今使わずにはいられない人々なんだろうなぁとその場では大目に見ていました。
が、今回またのうのうと準備してきたのを目にした以上、もはや決定的です。

当人の主観で、別に一人くらいUO焚いたところで演者に対して影響を及ぼすレベルじゃないだろう、などとの判断があったのかもしれませんが、
その一灯がそれ以外にも周囲にいるアーティストの意向に付き従う大多数の人々に不快な思いをさせているということが
なぜ分からないのでしょうか。
DMCにて件の発言がある以前の2008年3月頃(武道館前の時期)より、日記や雑誌で度々ゆかりんから「ピンクがいい」という
意見が何度も出ていました。
それからは07年までぼちぼち多かったUOも減少する傾向となり、会場では有志の人がピンクで染めましょうのビラを配るような空気になってきました。
(08年秋の祭りではUOが多かった会場が映像化されてしまいましたが)
自分はこのピンク一色の流れに強く賛同する身ではありますが、私感抜きにした第三者の立場から見れば
この時点ではまだ「UOの使用は禁止」という域には達してないでしょう。

しかしだからと言って、ここでそれを盾にUOを使う人は周りへの配慮が足りない人だと言わざるを得ません。

そこに参加している以上、その演者に多少なりとも興味があるはず。
その中心となるステージに立つアーティストが掲げた意向に強く賛同する人々が多く集まる場所にて、それにそぐわぬ上に必要以上の力を振りかざす。
それは禁止という規則がないからといって、限られたスペースの中で、やめてくださいと言っている人がいるのに、
「いや禁止って書かれてないし」と言って、タバコの煙をブハブハ撒き散らしているのに等しいです。
たしかに禁止とは書かれていません。そのとおりです。
しかし、その次です。
そこにそれを迷惑に思う人々がいたらどうしますか? 人に苦痛を強いてでも己の欲望を貫きますか?
ここで他人の気持ちを考えて折れることができるかどうかが、人から好感や信頼を得られるかそうでないかの分かれ道ではないでしょうか。
嫌われてもいいというのはそちらの勝手。
人に迷惑をかけてる時点でその行いは心ある人間として不遜なものではないのでしょうか。

そんな個人の良心に委ねられる、言ってみれば判断の拠り所なるものが不確かな時代を終わらせる、上記のDMCでの発言がありました。
これに背く以上は、大袈裟な表現でなく、己の安い欲望のために人の体に脅威を及すことを考えていないということです。

今回のa la modeツアーでも、大阪と横浜にて自分のいた位置より左側から、3曲目の恋せよでポツポツ焚かれるUOに対して
「UOやめろー!」という声が聞こえてきました。
最初は歓声による空耳だと思いたかったのですが、2回も同じことがあると空耳だとは思えません。
せっかくの楽しい時間なのに、こうして自分の楽しみを捨ててまで注意してる人がいるというのに、
それに耳を貸さずヘラヘラ勝手な事をしている連中がいることにもはや黙っていられません。
限られた枠の中でただ平和に過ごしている人々にそんな悲しい決断を迫らせるなと。
事を起こさせるような要因を作るなと。

自分は2006年頃より、こうしてネットにただ愚痴などを書き連ねることの無力さに嫌気がさし、
それ以降、その問題の根源となっている人々に直接接触し、極力話を聞くようにしてきました。
その逆もしかり、ネットで誤解を招くような印象が操作されている場合は、
(やむをえず)誤った情報を飲み込んでしまっている人たちの元へ直接顔を合わせにいき、そうでないことも伝えてきました。

しかし、UO使用者に(ゆかりんライブにおいて)これだけUOに対するアレルギーがあるのに何故いまだに使い続けるのかと直接聞いても、
揃いも揃ってろくな返答が返ってこない。人を納得させるだけものを持っていない。
「いや、この曲は昔からそうだし」とか「周りの様子見て決める(≒みんな赤信号渡ってたら自分も渡る)」だとかトロくさい能書きばかり。
見たかい?皆。これが人に迷惑をかける人間の真実だ。
前者に関してはたしかに昔はそうだった。だが「今」はもう違うだろ。ちゃんと自分の目で今を見ろ。
たとえ考えが違う者どうしでも、そうするに至る理由や譲れないものがあるのなら、少なからず理解しようとも思うものです。
しかし、それすら無ければ話になりません。
もはや敵ですらない、ただの障害だ。
挙句の果てに、UOは不要だと言っても「別に王国民に殴られても構わねーし」とかぬかし出す始末。
アホか、こっちからすればそんな人間今すぐこの場で始末したいに決まってんだろうが。
そんな人間のためにこの時を台無しにされちゃたまらんのだよ。
それで去り際に申し訳程度に「すいませんでした」の一言。
本編中(しかもゆかりんが近い時)に結局使っておいて何がすいませんだよ。
だいたい自分ひとりに謝ってどうするんだよ。
中身の無い保身のための詫び文句に何の意味があるんだよ。
またUOにとどまらず光量の強い、少なくとも特殊な形状をした照明器具を持ち込み、こうして誰かが注意すれば
「別に使わないし」とこれまでの立場を捨て逃げ始める。
じゃあ、何のために今ここ(会場内)で取り出したんだと。往生際が悪すぎるんだよ。
確固たる自分の意志も持たず、周りの様子を窺い、
その場その場で常に強い側につくなど絵に描いたような悪党の小物、ただの小判鮫ではないか。
答え見ながら算数ドリルを埋めていくやつが強くなれるわけないだろうが。
己の立ち位置をあらかじめクズだ残念だと下げておけば、それが免罪符になると思ったら大間違いだ。
人が多く集まる場所では、大人しく折れるか、その枠から出ていくかのどちらか以外に道はないんだよ。
折れることも一人になる覚悟もない奴が粋がるな。
ここまでの状況を踏まえた上で、その選択をしたのだから、
たとえこれに懲りて以後UOは使いませんだとか土下座しようとももう駄目だ。
ゆかりんが目が悪いからやめて、と言ったのにそれをやめなかった。
既にその時点で多くの国民からは十分キックの対象。
さらに、ゆかりんがやめてと言ったことに対し、ここまで真逆のことをしておきながら、
(ついでに言えばこの行い以外にも多々あり)あろうことか王国民を自称しだす始末。(否FC会員)
この行いを目にしてこれを耳にしたのが自分ひとりだけでよかったよ。
これがもしネットみたいな大勢の目につくところだったりしたら、これ以上ない糾弾の的ですよ。
いくらなんでもその無配慮さは身を滅ぼしますぜ・・。
自称する以上は会員であるくらいの条件を果たそうとは思わないのですかね。
そりゃあ定義があいまいですし何もいきなりすべての人にそれを強要したりはしませんよ。
むしろ、郷に従えてちゃんと盛り上げることが出来ていたり、この界隈のグッズ(パペットなんか)をここの常人たちより
遥かに愛している人なんかを見ると「あんたは王国民にふさわしい人間だ」とこちらから言いたくなります。
面白いのがこういう優良な人たちほど「いや、自分は国民じゃないんで・・^^;」と遠慮するものなのに対して、
こういう「お前が言うな」ではもはや収まらない「お前だけは言うな」という人間が声を大にして王国民を自称するという。
別にこんなの王国民に限らず、どこの世界でも同じでしょうが。
これ以上ない騙り行為を何故平然と出来るのですかね。

人の迷惑に関して配慮しない、話をしても何も答えない、でもそぐわない行為を続ける。
そんな人たちとはもう一緒にいられない。
二度と現れるな。そして二度とこの界隈の単語を口にするな。
自分はこのライブ会場においては、ゆかりんやその意向に従う多くの王国民の作る空間を大切にしたいと思います。
だからいつ粗相を働くともしれない不穏分子を少なくとも自分のこの手で持ち込んでしまうようなことはもうしたくない。
分かりますね、当たり前のことです。
口で言ってわからないってのは相当だよ。
ライブという、一生の中でも強く記憶に残る時間を汚すという、やりなおしの効かないことされた以上、もはや謝罪など無意味。
「テメーにオレらを出禁にする資格はねえよ」と喚きたければ喚けよ。
それはこの状況をまるで理解できていないアホの言うことだ。
追い出されるような行動を自分の意志で選択しておいて、まだ居させてくださいってか?
どこまで甘ったれれば気が済むんだよ。
今回は2007年のSMW以来の直前にアルバムが出ていないタイプの、いわば総合的なセトリだった。(祭りはイベントなのでここでは除く)
自分はこの時を2年近く待っていた。4か月前にたまらず地元でもあるこの会場に下見にも来てしまうほどに待ち望んでいた。
その待ち望んだ日に迎えた現実がこれだ。
1日にここまでこんなに事が起きたら、ステージ上でどんなに素晴らしいものを出されても
まるで身に入るわけがないだろう。
わかるか? 取り返しのつかないことをしてしまったんだよ。
これは愛する者を失った遺族の気持ちに等しいということを理解しろ。
いくら金を積もうが、てめえが死んで償おうがもう戻ってこないんだよ。
これほどのことをされた以上、万が一心から更生できたとしても失われた信用はもう取り戻せない。
二度と目の前に現れるな。
一部の人は先の煙草の例の時点でもう気づいたでしょう。
根本となる人間性そのものを変えない限り、何年経とうがどこへ行こうが問題の中心となり得、同じ悲しみを繰り返すということが。

他人の体(ましてやステージ上の主役)のことを考えず、己の欲望を優先させた。
思考の最終段階において、他人の被害を無視できるから、物を盗む、人を殺すといった選択ができる罪を犯す人間と変わらんではないか。
人聞きの悪さに、飛躍しすぎだと言って安心したがるならそれでもいい。
しかし「考えすぎ」で片付けていては物は語れない。
あとで泣いて後悔してからじゃ、失ってからじゃ遅いのですよ。
自分がどんなに弱くて苦しくても、見ず知らずの人に迷惑をかけていいわけがありません。


同行した他の普通に郷に従えてる人々には申し訳ないです。ごめんよ・・。
ですが、君はよくて君はダメ、みたいな子供じみたこともしたくないので。
「あいつのこと嫌いだから無視しようぜ」だなんて子供じみた真似は普通の人ならしません。
ですが、ここまで来ると、何か聞かれて必要最低限のはい・いいえ程度の返事だけ返そうとしても、
頭ではそうしようと思っていても、もはや心と体が動かない
のですよ。

こうしてのうのうと歪みが跋扈するこの時代と、それを許容しがたい自分がある以上、どういう道を往くべきかよく分かりました。
オフ会にしたって、主催の人がプライベートにまで影響を及ぼすくらい悩んでいるという話を聞きました。
(自分はその時期、現場にいなかったのでそれについては詳しく言えませんが)
どこにしたって、まともに止めようとする人がいても、当人は逃げてばかりで、苦しむのはまともな人だけ。
そんな世界、人が去って行くのが自然でしょう。
思い上がりと言われても構いませんが、これまでも先に起こる問題が少しは予見できたのに、
自分が何もしなかったせいで救えなかったものがいくつもありました。
これ以上、同じことを繰り返すのはもう嫌ですのでここで動きます。
むしろここで何も事を起こせないのはただの弱さ、甘さ。
黙っているだけでは何もしないのと同じだ。

ここまで動いておいて必要以上に波風立てたくないというのも勝手だとは承知の上ですが、
できれば外部の方は自分に賛同してくれる方でもこの件にはできるだけ手出ししないでいただきたく存じます。
派閥ができてしまえば、また声だけは大きいつまらぬ人間によってくだらぬレッテルが張られ、
また無意味な派閥同士の対立が起きてしまいます。
今はもうそれが自然な時代なのでしょうか・・。




1月16日 Princess a la mode 横浜 

Princess a la mode ファイナル横浜。
3時半頃に起きて、いろいろ準備して4時半頃並ぶというプラン。
が、二度寝してしまい、遅刻orz
寒い冬の早起きは厳しい・・。

とりあえず、4時40分頃到着して並びました。
実は11日に湯たんぽを買っており、これをカイロ代わりにしようと企んでいたのですが、
早起きして湯を沸かすはずが寝坊により、その計画は見送りになりました(
(湯たんぽの本来の用途とは違うので低温やけどしないよう注意が必要です)
カイロと違うところはブツが冷えてきても予備タンク(=水筒)に熱湯を用意しておいて、
冷えてきたら中身を詰めかえ、熱を保ち続けるという作戦でした。

で、ひたすら待つ。
日が昇ってきて、列が動き始める。
するとFCイベントが5月に開催のお知らせの看板が。イヤホーイ。
そしてついに温かい屋内へ入れるように。
ここはむしろ暑いくらいだった。
やがて物販ブースが見えてくる。
だが、無情にもぷりん終了のお知らせが響き渡る。
どうなってんだ今回・・。
とりあえず、ここ横浜で最後に追加された、うさまきとぬくぬくチョコロールdeぷりん、限定Tシャツを購入。
売り場にあったチョコロールの飾り方が秀逸でした。うまそう(



物販後はマックへ。
徹夜したむつさんがぷりんをゲットした模様。
そして、大阪、福岡、愛知、神奈川と全敗してきた自分にそれを譲ってくれるのだとか。(福岡はまぁ時間的に最初から無理だとわかっていたけど)
しかし、気持ちは嬉しいけど、どうにも受け取れない。
正直ここで買えなかったら自分は諦めるつもりでした。(いつもどおりなら数か月後にFC会報にて通販があるけど)
その理由は、これほどのレア物を得るのに必要な労力、対価(ここで言えばもっと早期に並ぶ&寒さに耐える)を
この身で払っていないことと、買えた可能性がもっとも高かった初日大阪で、帰り道の確認と朝マックをしていたばかりに
あと少しのところで完売の宣言を受けたという、自分に落ち度があったことの2点。
とくに大阪では当初、購入制限がなく両手に6体ずつくらい買い占めてる人を見かけたので、
やはりその時に最速で行動していれば・・と思うと、自分の落ち度が許せません。
だから自分にはここでぷりんを持つ資格は無いと。
むしろここで、このぷりん1体をもっとも大切に、有意義に使ってくれるのは、ゆかりん個人よりも(?)パペットが
きっかけでこうしてツアーを回るようになった真のぬいぐるみスト(?)、たぬさんだろうということでたぬさんを推す。
・・が、みんなして僕が持つように勧めてくる。
何故だああああああああああああ><
そして、ここでもし自分が受け取りを断れば、このぷりんはまったく別の人のもとへ行くことになるのだとか。
同様に今日(自分より前に)並んだゆかりんファンの人のもとにいくならともかく、そうでない人のところ・・。
こ、このつぶらな瞳のうさちゃんが見知らぬ人に売られる!?(売られる?(売られる?(エコー
んなもん耐えられるKAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!
悩みに悩んだ末、引き取らせていただきました。
予想だにしない形でのお迎えになり、実感が湧きませんでしたが大切にしたいと思います。

それから一旦家に戻って(バイクで10分ちょいで着く)、熱いシャワーに入って冷えた体を回復など。
荷物を減らして準備を整え会場方面へ。
スパゲティ食べたりして開演まで。

開演は18時半頃。
だいぶ押しました。

01 You&Me   14 ラムのラブソング
02 100 CARAT HEART 15 お気に召すまま 
03 恋せよ女の子 Short Movie 
MC 16 チェルシーガール 
04 虹色バルーン MC
05 バンビーノ・バンビーナ 17  恋するラズベリー 
06 ラブサイン(新曲) MC
-Band Profile- 18 Honey Moon
07 星降る夢で逢いましょう 19 fancy baby doll
MC 20 惑星のランデブー
08 My wish My love 21 Cherry Kiss
09 Luminous party 22  Super Special Smiling Shy girl
-Dancer Performance- Encore
10 満月のセンシビリティー(新曲) 23 星空のSpica
11 永遠 24 Tiny Rainbow
12  Sand Mark 25 パピィラヴ 
 -Band Performance-  W Encore
13  星屑スパイラル   26 You&Me 
MC   

05のmon cheriとバンビーノ・バンビーナの変更の仕方から見ると、大きく分けて、
大阪と愛知、福岡と横浜の2パターンをベースに、アコースティックとアニメソングコーナーを毎回チェンジという構成だったようです。
しかし、You&Meが始まった時、恋せよが始まった時のUO率は相当のもので、つい口からおいおい・・とこぼれてしまいましたよ。
関東の大会場ということである程度予想はしていましたがこれは予想以上・・

ファイナルの本会場からバンドにはサックスのゴッドが登場。
これはかなりよかったです。
各曲のメインフレーズなどにサックスが加わりメロディに厚みが加わりました。
なんだろう、絵で言うと、人物も背景も同じ色鉛筆で書いたらその淡さに全体がぼんやりしちゃうけど、
黒のペンで人物の輪郭をなぞったら、くっきりして見やすくなった、という感じでしょうか。
平時の演奏において、それは過ぎた施しとなるかもしれないけど、音が拡散するこういった大会場においては
主旋律をくっきり浮き上がらせるのは効果的というか。
・・というのは自分個人のフィーリングによる感想ですが(
惑星のランデブーのイントロなんかはギターの鋭さもあって、こう尖ったヒャッハーな印象だったのですが、
これがサックスメインになると、まったく別の大人な雰囲気さえ感じる曲に聞こえて驚きました。
同様にfancy baby dollのイントロもキラキラワクワクした印象だったのが、元の色は残しつつ、だけど少し大人な雰囲気になっていて新感覚でした。
管楽器のパワー、これは今後も欲しいですね。

そしてファイナルの特筆すべき点、ダブルアンコールでのまさかのmotsuさん登場。
これは嬉しかったですね。
正直、PVであそこまで必要以上に隔離してるのを見るとmotsuさんの登壇はないだろうと思っていました。
後になって考えれば、PVと同じ衣装でゆかりんが再び登場した時に、だいたい気づくものなのかもしれませんが、
その時の自分は、その赤い衣装を見て、あれ?なんでまたサンタ衣装なんだろう・・としか思ってませんでした(よく見ろ
そして、「最後にもう一曲歌いたいと思います、You&Me!」ときても、あぁ、このツアーの一発目の顔とも言うべき曲だし、
みんなラップ頑張って覚えたし、最後にもう一回!って事なんだね、としか考えてませんでした(
そしたらポップアップでmotsuさんがポーン!と出てきてびっくりですよ(
壇上のゆかりん及びダンサーさんは女性中心で構成されているので、その並びに目が慣れきった後に180cm近い男性が跳び出してくるのは
視覚的にもかなり衝撃でした(

その後はいつものお手振りがありましたが、その時間がなんと40分近く。
ゆかりんは花道を一周して、じっくり客席を周りながら手を振ってくれていました。腕大丈夫かな・・。
そして、我らのブロックに来たところでは客席の角度が微妙に浅く、真正面の位置にゆかりんが今いるはずなのに
前の人たちの頭で隠れてしまって視認できないという事態に( ;∀;)
これにはもうこの付近の人は、老若男女問わず甲板に打ち上げられた魚のごとくゆかりんゆかりん言ってましたね(

スタンド先頭の花道に面した辺りでは女の子は握手してもらえたようです。
しかし、これを見て遥か後ろの席の人が前に走っていくのがちょっと目につきましたね。
せめて前から4,5列目くらいまでならいいけど10m以上走っていくのとか、いくらなんでもそれはないだろ(
そんな中、自分の斜め前くらいに、武道館のゆかり命Tとハチマキに、下は膝くらいまでのハーフパンツの運動系の中高生くらいの
女の子が目に入りましたが、彼女は前に行くことはおろか、40分間ほとんど拍手を止めていませんでした。
なんていい子なんだ( ;∀;)(手を休めてた時を自分が見てない可能性もありますが)


個人的に待ち望んでいたアルバム中心でない総合的なセットリスト、ファイナル仕様のバンドにWアンコールのゲストと
かなり盛り沢山なステージで、ステージ上(送り手部分)に関しては極めて満足度の高いライブでした。
その分、客席の酷さが残念でなりません。
個人的な感想で言えばステージが200点だったのに客席が悪行のせいで-1000点くらいです。
UOだけでもご法度だというのに、それを複数本上空へ舞い上げるとかありえん。
人が増えればこういうのの混入割合も上がってしまうのは仕方ないですが、ちょっと酷すぎますね。

 




1月15日 前日

いつの間にかa la modeファイナル、横アリの前日。
できればこの段階でもっとライブの内容とか、思ったこととか意見とかまとめたかった・・。
FCページ内のびじゅあるも横浜ver.に変更。ぷりいいいいいいん!

早く支度を済ませ、寝なくては・・。
明日は3時半起きの予定。




1月14日 ダークホールPC

昨日から日記を書こうとしているのに、すさまじい眠気に襲われ、
それを振り払って立て直るまでに10分くらいかかる。
その間、頭が全然働くなるのがつらい。眠いんだから当然か((

iPodを操作するときに、誤って曲タイトルの読み上げ機能を発動させてしまうのだけど、
これの声を聞くたびに、ゆかりんが言ってたおっさんの大冒険の読み上げ声を思い出して吹く(




1月13日 ひとまず

ひとまず骨組みだけ建設(
空白分は現在組み立て中なう。。



1月12日 おうこくのぬの

ちょ、横アリ物販開始8時とか((
しかもなんか横浜限定グッズ追加されとるw
チョコロールのブランケットはむしろ待ってるときに欲しいのですが(
うさまきの絵がベルトにはできない大きさだけどダブルドライバーっぽく見える(
名古屋の待ち列のピクチャでこんな絵を描いてみたけど、まさか現実になるとは(




1月11日 備えあれば

無印良品と100円ショップで横アリで並ぶときに役立つ防寒グッズを購入。
準備がちょっとだけ面倒だけどこれでだいぶ寒さは凌げるだろう。

ぷりん、今度こそ・・。




1月10日 あんぐらオフ

名古屋から夜行バスで関東に戻る。
一旦家に戻ってから、あんぐらオフへ。
ルールはGSでした。
11月から使っているパーティの使い回しなど。
なんか勝つときは勝つ、負けるときは負けると両極端な試合ばかりで、接戦というのがあまりなかったです(




1月9日 Princess a la mode 愛知

早起きして神奈川を飛び出し、愛知の金山に7時半過ぎに到着。
すでにそれなりの列ができている。これは、うーん・・・・・。
そして相変わらずの寒さ。
ピクトチャットに入ってみると結構人がいる。
近くに並んでた人がカップラーメンを食べ始めて、その温かな香りが漂ってきて、
いい匂いだなぁ、クンカクンカスーハースーハーと発言 → クンカ自重w とレスが返ってくるなどなど。

そして、この極寒のなか「今からガリガリ君食べる」と言い出す猛者が(
今自分が並んでいる位置がちょうど階段の上の方で、列全体が見渡せるのでサーチしてみる。
いた、本当に食べてたw かっこよすぎるww
普通の人間は寒さに襲われ、こごえれば暖を取ろうとばかり考える。
だが王国民は違った! 逆に! 国民はなんとさらに!
ア イ ス を た べ た !

物販開始の時間に。
ライブグッズとは別に設けられたCD・DVD売り場の人が、すでに持っているCDも保存用にいかがでしょうか風な感じで
気合を入れて営業していました。アツい人です。
そして並んでる人から旧譜の初回盤なら買うと言われていました(
たしかにそれなら持ってるCDでも手が伸びるなぁ。

やがてなんとなく予想はしていた、ぷりん完売のお知らせがチラホラと耳に入ってくる。
情報を聞いたときはこの目で見るまでは・・と思っていたけど、現実は厳しかった。



う、うわあああああああああああああああああ

残る横浜は人口の多い首都圏で競争率もこれまでの比ではなくなる。こりゃもう無理だろ・・orz

その後、ネカフェで芯まで冷えた体を回復させるべく、近くに銭湯がないか検索。
ここまで冷えてしまったら、暖かいところで温かい飲食物を摂るだけじゃ治らない。
歩いて行ける距離に宮の湯というスーパー銭湯があったので突撃。
他地方にきて、こうして駅からちょっと離れた街並みを歩いてるとワクワクします。
銭湯で温まって超回復!!
風呂はいいのぉ。芯まで温まるとさっきまでのつらさが嘘のようになくなり体が軽い軽い。

会場周辺に戻る。
その途中の工場らしき場所にて、「ここにゴミを捨てないでください」という意のハイクオリティな張り紙が。




ライブは18時半頃開演。

01 You&Me   14 恋はくえすちょん
02 100 CARAT HEART 15 お気に召すまま 
03 恋せよ女の子 Short Movie 
MC 16 チェルシーガール 
04 虹色バルーン 17 恋するラズベリー
05 mon cheri MC 
06 ラブサイン 18 Cutie Cutie 
-Band Profile- 19 fancy baby doll
07 恋は波のように 20 惑星のランデブー 
MC 21 Cherry Kiss
08 My wish My love 22 Super Special Smiling Shy girl
09 Luminous party encore
-Dancer Performance- 23 星空のSpica
10 満月のセンシビリティー 24 Tiny rainbow
11 永遠 25 パピィラブ 
12  Sand Mark  
 -Band Performance-  
13  星屑スパイラル   
MC   

セットリストは大阪とほぼ同じ構成でした。
恋は波のように は08年の武道館以来だと思うのですが、アコースティックということでまた違った一面が見られました。
3公演目ということでYou&Meのラップもだんだん完成度が上がってきていい感じです。
残るファイナルが横浜アリーナという大会場というこで、コールの拡散具合を考えると、ここが一番完成度が高いんじゃないかな・・。

My wish My love前のMCではなのはの映画について触れたり。
ゆかりん自身も映画館へ客として見に行こうと思っているのだとか。
わざと咳払いして周囲の人に気づいてもらおうとする小芝居が面白かったです。
しかしその展開の終末が「・・! かわいい声がする。もしかしてあなたゆかりん・・のファンの方ですか?」ってのはどうかと思う(
懐かしのアイドルソングコーナーでの恋はくえすちょん は知らない曲だったのですが、
近くの人が自然にくえすちょおおおん!とコールを決めていたのが見事でした。
振付やダンサーの配置がかなり昭和っぽかったです。
そしてゆかりんがアンコールでバク宙きめた、すげーうんどうしんけいだ><

名古屋は人口の多い関東、関西から遠征しやすいのもあってか相変わらず盛り上がりますね。




1月8日 打破

きょうてき ねんまつねんしを やっつけたぞ。

なのは映画、初日舞台挨拶をやるようで。
初日行けNEEEEEEEEEEオワタ_| ̄|○
春のTAFといい、なのはイベントの日程との相性悪いな・・_| ̄|○
しかし、仮にいけたとしてもまずチケット争奪戦に勝てる気がしない(
ちなみに映画は24日(日)の午後に、どこかへ見に行こうかなぁと考えています。




1月7日 Re:

そういえば、年賀状をもらったのに結局何も描けてない。
シーズンを過ぎてしまったので、返事は寒中見舞いにならざるを得ないな・・。
これさえもできるかどうか怪しいけど・・orz

年末が忙しいならもっと早いうちに書けと思ったものの、
→師走は忙しい、じゃあ11月に書け
→11月も忙しかった、じゃぁ10月に書け となる(

同じように逆算すると、エイプリルフールに何かやるなら今から既に用意しておくべきということですね(何




1月6日 しんぴのベール

風邪の多い時期とはいえ両隣の人が咳をしていると危機を感じる(
かかりはせん、かかりはせん、かかりはせんぞおおおおお!

だるさや熱といった風邪の諸症状は無いものの、たまーに関節に軽い痛みがあるのでパブロンを携行(
これは自覚がないものの、僅かながら風邪に蝕まれているということなのだろうか。
いずれにせよなんとしても健康体をキープせねば。




1月5日 ネオン

大阪でのYou&Me中にいきなり電飾が消えたネオン管を修理のため分解してみる。
が、電池が液漏れしてて、絶縁してただけの模様。
ちょっと振ったくらいでここまでいくもんだろうか(
ネオンはバラードメインにしよう・・。



1月4日 てやんでい

近くの人が新型インフルに感染した模様。
そういえば咳をするのはいいけど、こっちに歩いてきながら抑えずに咳をしてたな・・。
こちとらまだa la modeが残っているんだ、かかりはせん、かかりはせんぞー!




1月3日 増える傷跡が俺達の勲章

去年12月上旬から空気が乾燥してるせいで指の至るところがボロボロになったり割れたり。
クリームを塗ってもなかなか効果なし。
そこにうちのぬこの「きりさく」こうげきが炸裂する。

ポケモンの日課作業をする時のボタンを押すだけでも傷が開くのが困る・・。




1月2日 開幕オワタ

新年早々、重い疲労+アラームセットし忘れるの黄金コンボで寝坊した日でした(
あまりに疲れてて、起きたときの姿勢が眠りに入ったときのものとほとんど変わっていなかった。
寝返りを打つ気力も無かったのだろうか(




1月1日 2010

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


カウントダウンライブが終わった後は、AM3時すぎに博多駅筑紫口を出て北九州空港へ向かうタクシー
を予約しておいたのでこれに間に合うよう行動。
深夜ですが周囲にはピンクの袋を持った人々がちらほら見受けられました(
そして、タクシーに乗って1時間ほどで北九州空港へ到着。
ここから5時半発の飛行機で羽田に戻りました。今度福岡に来たときはもう少しゆっくりしたい・・。

元旦フライトということで、もしかして初日の出を雲上から見れるか?と思ったけど、日が昇る前に着陸してしまいました。残念。
駿河湾上空で遠くの方がオレンジがかっていたのですが太陽は見られず。
時間がちょっと早かった・・。