×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



前の月 /TOP/次の月




10月30日 ネイチャー 

雑音のない自然の静けさを知って以来、定期的に山に行くようになってしまった(
自然の中に身を置いていると、考えが洗練されてきますね。



ここは宮ヶ瀬湖の北岸にある、鳥居原ふれあいの館(いえ)というところです。
首都圏(東京付近)から40〜60kmほどの距離にあるので、車やバイクで軽めのドライブをするにはもってこいのスポットです。
そんなバイクがブォンブォンと音を立てて集うなか、チャリでシャーッっと進入してくる男がここに一人(


今日は荷物を極力減らして走る、ということを試してみたため軽装です。
背負ったバッグにはタオルとおにぎりと500mlのお茶が2本だけ。
パン屋が出張していたのでメロンパンを購入。
湖畔で食べて一休みします。野外で食べるとやはりおいしいです。




今日は前みたいに秦野の方まで行かず、家からここまで直線的に進んだので往復80kmほどで済みました。
100kmを超えると少し疲れますがこのくらいなら無理がなく、なお且つ満足できないということはない、ちょうどいい距離です。

 
地元ではなかなか見られない急勾配 

今日の湖面はエメラルドグリーンでした。

北岸を走ってきました。ダムの裏側。



神奈川県道70号の入り口の交差点。
ここを左折すると例の険道が始まりヤビツ峠を越えて秦野方面に抜けられます。
今日は行きませんでした(




10月29日 深み

最近のポン酢はシークワーサー入りだったり、おろししょうが入りだったりで美味しいですね。
近頃、味覚が変わってきたようで、ダシの旨みが堪能できる料理が好みになってきました。
あと肉もレア派からウェルダン派になってきたかも。
これは生焼けがちょっと怖い時代になってきたのもあるかもしれませんが(




10月28日 赤ライン

平成ウルトラマンのデザインをいくつか手掛けてきた丸山浩さんがメビウスの顔の赤ラインは
ツシマヤマネコをベースにしているとTwitterで発言なされる。
googleで画像検索してみると・・、このラインはww
メビウスが若干切れ長な目なのも相まってネコ顔に見えてきたw




10月23日 クリエイション

なのはVivid5巻購入。
新キャラの出番の多いインターミドル。
メインどころ(チームナカジマ)以外の新キャラの中ではシャンテが気になってるけど、活躍場面が他に割かれてしまって残念(
コロナとアインハルト戦の内容も楽しみ。
試合前の特訓でコロナの内面が少し垣間見えたところがよかった。これぞなのは。
まずはよく創成に持ち込んだ!




10月22日 エマージェンシー起床

夜中の2時頃、この周囲の住人でない者が近づく気配がしてサッと目が覚める。(別に怪しい者ではなかった)
深夜ということで彼らは声のボリュームを抑えて話してくれていたけど、
聞くつもりはなかったものの地獄耳の私にはすべて筒抜けでね・・(何
というか、それまで熟睡していたにも関わらず、「部外者の気」を感じて一気に飛び起きてしまったというのがなんとも。
危険察知力が優れているというのは人間のアビリティとしてはいいことかもしれないけど、
一度こうして起きてしまうと、もう眠れないのが悲しく、そして日中の体力的にも辛い。




10月19日 ストッパー

いつも予想だにしないタイミングでくる鳩さん返信企画の日。
さっそく返信・・と思ったら、エラーで返ってくる。
どういうことだーと思ったらみんな同じ状態だったようで一安心(

しかしメールが質問調の内容だったのでそれに普通に答えたのだけど、それだけでよかったのだろうか(




10月16日 攣

足がつって飛び起きる。
ここまで酷くつったのは初めてだ。痛さをこらえきれず転げまわるほどだった。一体どうなってんだ・・。
これが自分ひとりの自室でよかったよ・・(
もしこれが夜行バスとか他の人がいる場所だったらと思うと・・(
しかも、起きてからしばらくしても足に筋肉痛のように痛みが残っているという。


TVKでウルトラゾーンが始まる。
かなりゆるい番組だった・・(何




10月14日 捜索

一昨日無くした泥除けを捜索。
当日走ったところをバイクで走ってみたけどそれらしいものは見当たらず。
お店に着くまでは付いていたから、やはり駐輪時に盗られたっぽいなぁ。
その泥除けには半透明な部分があって、メンテする時についついそこまでキレイに拭いてしまい、
ピカピカな状態を保っていたのが盗人の心をくすぐってしまったのだろうか(
実は5月頃にも一度、横浜でサイコンを盗まれてたりします(何
これはちょっとの時間だからって、うっかり取り外し忘れた自分にも落ち度があるけど。

こういう目に遭うと、盗難への対抗策というのをガチで考えるようになってきます。
プラモみたいに車体にウエサリング塗装を施して、あえて汚く見せ、盗む気を起こさせなくしてやろうかとか(

で、いろいろ策を考えるうちに、痛車について考えるようになってきました(何
コッテコテにデコされていれば、それ自体が盗人に「うわ・・」と思わせ、気軽に手を出させない抑止力になるのではないかと。
・・と思って、ちょっと「痛車 盗難」で検索してみたら、痛車(しかも自動車)でさえもやはり盗難はあるようで。うーむ・・。
駐輪中の自機にちょっとでも怪しい真似したら、命に別状はない程度に気絶させるほどの電流が流れる
防犯用システムとか出ないかなぁ・・(危険
普通に考えればこれはどう見ても過ぎた力だけど、今想定しているのは普通が通じない物を盗むような相手。
ましてや人がいない時にこっそりやるのならば、普通ではない仕掛けを先手を打って用意せざるを得ません。
こちらが抵抗できないシチュエーションでのみ、攻めてくるのですから「後手」は存在しません。
こういう文を書くと「物騒」とか「危険」という印象を醸し出してしまうけど、
残念ながら普通の通じない相手に普通の策を取っていては潰されます。
これをやったら周りに変な目で見られる〜などの不安が足枷になって動けないのであれば何も守れません。
「必ず何かを守り抜く」というのであればその痛みは必要経費です。

・・とまぁ、実際はそんな高度な技術は無いので、せいぜい地球ロック程度しかできませんがね(

しかし盗まれたとして謎なのは、手動ワンタッチで取り外せるリアの泥除けは盗まれず、
取り外しには工具が必要となるフロントだけが盗まれた、ということだ(




10月13日 ストーリー

昨日は疲れてお休みモードだったので今日になってようやくEndless Story開封。
ESはアニサマ等、だいぶ前からライブやラジオでお披露目されてきましたがやっとCDで聞けました。
疾走感が良いですね。
カップリング2曲も発売に先駆けFCライブのステージでの生歌も聞けたので、こうしてちゃんとしたCD音源が手に入ると
その思い出がより固まってきていい感じです。
太陽のイヴはサンバっぽいというか暖かい印象で好みです。
シトロンの雨の神様Resucue me!!など、最近こういう系の曲が増えてきて夏好きとしては嬉しいです。




10月12日 消えた泥ガード

今日こそEndless Storyを購入。
お店を出て自分の自転車に乗って帰る。

その帰路の途中、前輪に目が行く。
よし、タイヤはまだ全然すり減ってないな・・って、タイヤが見えてるだと!?
って、うおおおおお、泥除けがなくなっているではないか!!

気付いたらフロントの泥除けがなくなっていました(
落としたのか?と思って来た道を少し戻って探してみても、見当たらず。
というか、泥除けパーツが脱落したのなら構成的にまず前輪にカツンと当たるはずで、
その時点で異変に気付くはず。
となると、まさか駐輪中に盗まれたのか?
通ってきた道を戻って探すとなると、歩道を逆走しないといけないことになるし、
もう日も暮れ始めて暗かったので今日の捜索は打ち切り。
ぐぬぬ・・。




10月11日 ダウン

明日発売のEndless Storyの発売日前日。
フラゲしに行こうかと思ったけど、昨日の疲労もあってか体が重く、出撃できませんでした。
一度床に倒れ込むと再び起き上がるのにものすごく時間がかかるという(




10月10日 FCイベント2011 神奈川



ゆかりんFCイベント千秋楽、横浜公演。
早起きして5時半頃出撃。16kmくらいありますが走り慣れた距離なのでチャリで行きます(
キコキコ漕いで6時半前には到着。
ここで驚いたのが自分以外にもここまで自転車で来た人がそれなりにいたこと。
やはり家が近い人にはアリな手段ですよねー。
・・16kmが近いか遠いかはわからん(

物販列には既に200人ほど並んでいました。
神戸で欲しいグッズは一通りゲットしていたけど、限定Tシャツ(アニバーサリーTシャツ)のため並んでおく(何
これは自分の地元である「横浜」での「FC」のTシャツという点で自分の中では大切なアイテムですので。
しかし、この人数だとちょっと不安・・。

予報ではかなり暖かくなるということだったので、それに合わせた服装に加え、
チャリ移動後の冷え対策を考慮した格好できたけど、雲のせいでなかなか陽が差さない&潮風ヒットで寒かったです。
しかしある程度、列が建物側になると、建物内の無線LANが届くようになるので、
これで通信費を気にせずTwitterなどを見れるのがこのパシフィコの魅力です(何
そして物販は予定開始時刻の10時半から30分繰り上げの10時から開始されることになったようです。助かるー。

ブースに着く直前でアニバーサリーTシャツのMサイズが売り切れのアナウンスが来て、
まさか今回搬入数少ないのかーっ>< と、ひやっとしたけど、なんとかLサイズは残っていてくれて無事ゲットできました。やったー。
その裏面。



王国立大ホールww

そしてFCのカウンターにMRの時同様、パペットとちびっこゆかりんが集結していました。
群れるぬいぐるみのもふもふ感。(*´ェ`*)



くろすけが背景と同化しがちだ(
ここにいないしょこらはきっとメロプリスタッフさんとレポートに行っているに違いない。


その後はお昼を食べに、山下公園の方まで移動。
2kmほど離れていますが、自転車なので楽チンです。
久々の味奈登庵です。



朝も早かったし、これから消耗するのでしっかり食べます。
近くのマリンタワーで荷物を整理したりしてから再びパシフィコへ戻る。
途中、目に入った赤レンガ倉庫ではオクトーバーフェスト(ビールのお祭り)が催されていて人があふれていました。

あとは開場まで海を眺めるだけの簡単なお仕事です(何




16時に開場し、すぐに入場しました。
それまで外で撮った写真など(



 (この1枚だけ、入場後に建物の中から撮ったものです)

自然光に照らされると室内で撮るのとはだいぶ違った雰囲気が出ますね。

今回の席は上手側、1階の前方ブロックの最後列らへん。
Goody & Happyの巡回ルートが神戸と同じならゆかりんが近くを通るが果たして・・。

で、開演まで時間があったので3階の後方とかに行ってステージの見え方の確認とかしてました(何
パシフィコの上階席についてはよく話題に上がり、気になっていたもので。
ステージ自体は見えるけど、1階の客席部分が全然見えないのもあって、たしかに離れてる感がありました。
いちおう自分もSCSの時に2階席を引きましたが、前から4列目とかなり良い場所だったのにも関わらずそれでも少し距離を感じました。
それに比べれば1階の最後列辺りは47列くらいまでありますが、
1階席全体の雰囲気も感じられるし、なかなか良い席だと思えます。(ちなみにSMWの時はここら辺でした)

時間になり開演。

01 恋せよ女の子  12 Endless Story 
02 mon cheri  13 エトランゼ
03 恋するラズベリー  14 流れ星ジェニー
 MC   男爵演奏
04 Rainy Raiy Sunday  15 太陽のイヴ 
05  おしえてA to Z    MC
06 プラチナLover's Day 16 童話迷宮 
 メンバー紹介映像  17 100 CALAT HEART 
07 Goody & Happy  18 LOVE ME NOW! 
08 涙のループ  19 Tiny Rainbow 
09 バンビーノ・バンビーナ   Encore 
かごめかごめ  20 Baby's Breath 
10 めろ〜ん音頭〜Festival of Kingdom〜 MC 
11 メタウサ姫 〜黒ゆかり王国ミサ〜 21 この指とまれ

先週参加した神戸との違いは、かごめかごめの後の曲の2曲の順序と、Amazing Kissがエトランゼになっている点でした。
エトランゼは愛知でも披露されたそうなので、神戸に当選したのは本当によかったです。
そしてGoody & Happyではゆかりんは今回、下手側の入り口からの入場となりました。自分は上手側だったので残念(
また流れ星ジェニーの後の男爵のパートでは、10月5日に発売されたJACKのニューアルバムからNatural Spiritsがお披露目されました。
ちなみにこのJACKのソロアルバムは物販コーナー付近で特設デスクが出来ていてそこで販売されていました。
JACKの曲をこのメンバー(男爵)による演奏で聞けたのは貴重で、とても有意義な一時だと思いました。

MCではこれまでのFCイベントの内容を振り返ったり。
何年のときは何やったーと覚えてる人はすごいですね。
自分も参加したところからは覚えているけど、初回の2002年から参加してて記憶しているひとは本当にすごいです。
そして伝説(?)となっている2004年のマスゲームがすごく気になります(

神奈川公演ということで、最近ゆかりんがご両親を連れて鎌倉に観光に行ってきた話なども。
鶴岡八幡宮には行ったけど、大仏の存在を知らなくて大仏は見てこなかったとか(
ちらっと銭洗弁財天の話が出て、自分も前に行った時のことを思い出しました。
あそこは駅から離れているのでちょっと歩かないと行けないのがネックですが、なかなか興味を引かれるところです。
あそこでお金をよく洗ったのにお金が増えなかったよ・・(何
ゆかりんは神奈川をすっかり堪能されたようで、すっかりハマっ子の気分だそうです。
もうハマっ子になっちゃいなYO!

そして既に発表されている来年のツアーですが、そのタイトルが
田村ゆかりLOVE LIVE 2012 *I Love Rabbit*に決定したとのお知らせが。
耳にした瞬間、シンプルだ、だが力強い一撃だ!という印象を受けました(
シンプルな言葉でも縁ある人が持ち出すと重みが増す、そんな感じです。

そんなわけで3公演あったFCライブは無事終了。
今回はやはり男爵とメイツとネコたちがいたのが嬉しかったです。
こうして10周年の節目にみんなで集まれたのは暖かで良いですね。(*´ー`)




10月9日 ピュー

痛車とまではいかなくとも、ちょっとしたデコレーションに使えるカッティングシートを購入してみました。
不器用なくせにいきなりこんな線の細いものからスタート(



めろ〜ん音頭の歌詞カードにいたスケボーゆかりん。

自転車に張ってみました。



よく見ると曲線部分が若干カクカクなってるけど、遠くから見ればキニナラナイ!(多分




10月6日 カラシビ

日清のとんがらし麺カラシビタンメンなるものを食べてみたところ、かなり気に入りました。
自分の好みのタイプの辛さを見事に引き出してくれていて、カップラーメンらしからぬ深みある味わいがたまりません。
食べる直前に入れるカラシビ油がキモのようです。
思わず2日連続で食べてしまった((




10月3日 フィギュア

バスの長距離移動の反動で体が硬いです。
やはりバス移動は寝ていられる夜行の方がまだ楽なのかなぁ。
ただ、そうなると公演の終わり頃になると時間を気にしてしまい、気がそぞろになるというジレンマ。

 

今回のFCイベントグッズにあった噂のゆかりんフィギュア開封。
パッケージのYUKARI TAMURAという表記がかっこいいですw
声優のフィギュアって相当レアなものなのではないでしょうか(
足元のチェック土台と衣装からMR&SCSのパッケージがモデルのようですね。(上、右の写真)


正面

後ろ

DSiと比較
結構小さいです

ディティールなど

ひらひら部分のモールドがなかなか精巧でスミ入れしたら映えそうです。
メカのパネルラインとは違うソフトな箇所なんだからやめておくか(
クッキリした黒じゃなくて、白に近い薄めのグレーあたりならなくもないか・・?




10月2日 昼行

カプセルホテルを出ておにぎりを買って、8時半大阪発のバスで帰りました。
昼行バスはかなり久しぶり。
夜と違って、車窓が楽しめたり渋滞にハマるなど、夜行バスとはだいぶ違いますね。
なにげに関東から名古屋や大阪まで自走移動、というのは何度か妄想したことあるけど、
こうして車窓を眺める度に、相当厳しいだろうなぁと感じます(

帰ってきて今回のイベントのパンフレットを読むなど。
ゆかりん直筆のメッセージが温かかったです。
ファンクラブ結成から10周年を迎えましたが、これからのゆかりんの野望の一つに、
みんなで海外にいきたいというのがあるそうです。なんという野望・・!w
これからも変わらず応援していきたいです。




10月1日 FCイベント2011 兵庫

ゆかりんFCイベント神戸の日。
前日夜に夜行バスで出発して今朝、大阪に到着。そこから新快速に乗って20分で三ノ宮に到着。
会場は駅からすぐのところ。

というわけで神戸国際会館に到着。



物販列を見ると7時半を過ぎていたとはいえ、その人の数に驚く。
これまでFCイベントは東京以外に、福岡や愛知に行ったことがあるけど、その比ではありませんでした。
ここ1年の異様な会員の増加は(もっとも人口の多い)関東だけではないみたいですね。

グッズは14時前になんとかゲットできました。
かろうじて自分の欲しい物で売り切れは出ずに済んでよかったです。
瞬殺されるだろうなぁ・・と思っていたフィギュアが残っていてくれてよかった・・。
ペンライトやリストバンドは既にいくつか持ってるので、いいかなーと思うも、
メロプリ10thアニバーサリーなロゴが入ってる上にデザインや品質が従来のモノと比べて
どんどん秀逸になっており、逆にマストアイテム化するという罠が待ちうけていました(
入国スタンプを押して、外に出る。
出口付近にMary Roseに続き、震災用の募金箱が設置されていました。
箱が透明で中身が見えたのですが、中に紙幣が何枚も入っていてメロプリ会員の皆様の財力に恐れ入りました。

昼を取るべく、周辺を歩いているとそばめし屋が目に入ってきたので即決で入店。
朝からろくに食べていなかったのでおいしかったです。
そばめし屋では余計なサイドメニューを頼まかったので、神戸ということで(?)スイーツを求めケーキが食べられそうなお店へ。
いくつか見て、臆することなく入れる値段のお店があったので入店(
普段は食を細めているけど、こういう時はできるだけ名物を食べたいものです。
そうすればその時の思い出はしっかりと身に残りますから。


で、この駅周辺の地域を歩いていて気付いたことが一つ。
周辺案内板などによるとこの辺りは路上喫煙禁止の地区らしく、こんなにも多くの人が行きかっているのにも関わらず、
空気がきれいだということ。
これはタバコの煙嫌いな自分にとっては最高の場所でした。美しい街だ・・(´ー`)

その後、そごうに行ったりして体勢を立て直す。
歩いて3,4分で戻れる駅にロッカーもあって言うことなしの立地です。今回の遠征はわりかしイージーモードだなぁ。
いや、その方が嬉しいですがね(

時間が近くなったので入場。
空気がきれいな街とはいえ、花粉やホコリは避けられないので開場直後に入って、中のトイレが混まないうちに
うがいなどを早めに済ませてまったりするのが私流。
ついに念願の神戸国際会館こくさいホールだ・・。
SMWのDVDでこの会場の良さを見てここで行われる公演に行きたいなぁと思い続け、
こうしてまたライブが開催され、抽選をどうにかくぐり抜け当選したこの現実をありがたく思います。
そして席は1階の一桁台、さらに前列に行くほど列が先細る構成になっている端のブロック。出来すぎです。

18時半をちょっと押してスタート。

01 恋せよ女の子  12 Endless Story 
02 mon cheri  13 Amazing Kiss
03 恋するラズベリー  14 流れ星ジェニー
 MC   男爵演奏
04 Rainy Raiy Sunday  15 太陽のイヴ 
05  おしえてA to Z    MC
06 プラチナLover's Day 16 童話迷宮 
 メンバー紹介映像  17 100 CALAT HEART 
07 Goody & Happy  18 LOVE ME NOW! 
08 涙のループ  19 Tiny Rainbow 
09 バンビーノ・バンビーナ   Encore 
かごめかごめ  20 Baby's Breath 
10 メタウサ姫 〜黒ゆかり王国ミサ〜 MC 
11 めろ〜ん音頭〜Festival of Kingdom〜 21 この指とまれ

10周年ということもあってか(?)、全体的にシングルの表題曲が多い、という印象を受けたセットリストでした。
一方で最近のライブで頻出気味だったYou&Meやfbd、SSSSgあたりを外したのは
FCライブということで普段と差別化を図る意味でもよかったと思います。
(最近FCに入ってそれらを期待していた人はちょっと残念だったかもしれないけど・・)

自分の席は端の方だったので、ステージ脇の奥の方まで結構覗けたのですが、1曲目の恋せよのイントロが流れ出すところで、
NECOがダダダダダ・・!と階段をすごい速さで駆け上がってきたのに驚きました(
そう、今回は桃猫団や桃色男爵、桃色メイツもいるのです。
いつものFCイベントは伴奏はオケで、ネコたちも着ぐるみではなく段ボールなのですが、
今回はいつものライブメンバーが勢揃いしていてとても嬉しいです。
このアットホームさがいいですね。

2曲目の久しぶりのmon cheri。
後奏の振りがプリアラからワイパーに変わったんだよなぁと心の準備をしていたら、
今回また新たな動きに変わっててアレェ!?感がありました(
なんか手を前に伸ばして両手をシャッシャッシャッ、とクロスさせるような動きになっていたような(
そして、3曲目に恋するラズベリーが来てかなり嬉しかったです。
というのも、これは前述のSMWツアーが開催されたのと同じ07年夏に発売されたBeautiful Amuletのカップリング曲で、
言うなれば、当時行われたそのツアーにおいては最新の旬な曲だったわけです。
つまりはこの曲を聞くたびに、その暑かった07年夏の時期のことが自然と思い出されるわけですが、
当時自分はこの映像化された神戸公演には来ていなかったので、「SMW神戸の記憶」というものは当然自身の中にありません。
しかし、こうしてその時と同じ会場で、自分にとってそういう意味を持つ曲がこう生で聞けるというのは、
あくまで個人的な話ですが、数年経ってから埋め合わせをしてもらった、フォローされたような、そんな気がしてとても嬉しかったです。
ちなみに今回はありませんでしたが、もしこれと同様にSMWのクライマックスを飾ったMelodyが来てたら、
感動のあまりおかしくなってしまっていたことでしょう(

Goody & Happyでは1階の上手側の客席入り口から、ゆかりんが登場するというサプライズが。
そのまま1階の客席の前と後を二分する中央通路を通ってからステージに戻っていくパレードが見られました。
これは、1階の真ん中らへんの人たち大勝利でした。
この曲はSCSでもステージ上を1周してたし、なんかパレード曲という印象が付いてきました(

バンビナのあとの「かごめかごめ」はこのリストで言うところの10,11の部分で何をするかを決めるコーナーでした。
メイツがボードを持って、屈んだゆかりんの周りをくるくる回るというもの。
次に歌う曲数を変動させる「1曲」とか「2曲」とかいうボードがあるのはいいけど、「終演」とか混ぜるのは勘弁してほしいです(

中盤ではアニサマに続き、発売が近づいてきたEndless Storyがお披露目されました。
2番はBメロの伴奏など少し変化する部分がありますね。
そして、次は愛知公演に参加した人のレポだとエトランゼだったはず・・が、なんとまさかのAmazing Kiss!
これは予想外すぎました。
しかし、予習をせずとも振り付けは体が勝手に覚えていたというw
06年fbdのDVDを3回も見れば覚えます(
近頃、この曲はほとんど聞いてなかったけど、
Don't forget tonight (Yeah!) Don't forget tonight(Yeah!) (中略)
Doushitehoshii?(Fu!) Doushitemitai?(Hey!)が体から自然に出てきて尚且つ周りも全員ガッツリ揃ってたのが最高でした(
FCライブはやはりこうでなくてはな!!
やっぱ銀の旋律曲は思い出深くていいなぁ〜、これだけでも今日は満足だーと思っていたら、
最新の会場限定曲、流れ星ジェニーに続く。
ともにかっこいい系(?)の曲という共通点がありながら、懐かしい曲→現時点で最新の曲 という新旧織り交ぜた変化がツボりました。
今回のセットリストの中で、一番滾った部分だったかもしれません。

男爵の演奏を挟んで、新曲太陽のイヴ。
うさ耳ゆかりんキター!
ゆかり姫のうさ耳は先っちょが垂れ下がっているのに対し、こっちうさ耳はピンと垂直に立っていてかなり健康な印象を受けました(何
いや、前者のはもともとそういうロップイヤー寄りなデザインなわけですが(
新曲はなんかサンバっぽい陽気な感じでした。発売が待ち遠しいです。


そして、次のMCの最中にJACKが突然「おそーい」と言い出す。
なんだなんだ?と思って辺りを見回すと、それは1階席の前方ブロックの方にスーツの人が入場してきていて、彼に向けられた言葉のようでした。
どうやら仕事(?)で遅れてしまって、新幹線で東京からはるばる来られ、今ようやく到着したらしいです。
ゆかりんからも「道中、気が気じゃなかったでしょう、なんなら開演遅れないかなーと思ったでしょう」という感じの言葉がかけられる。
ほんと、自分がもしその状況に置かれたら、道中もう耐えられなくて死にそうです(
ましてや、こんな1階の前方という良席を確保していたのならなおさら・・。
するとここでJACKの口から彼に向けて、「何が聞きたい? 君のために一曲演奏するよ。」的な発言が。
これには会場大沸き。JACK神すぎるーーーー!!
もうライブも折り返しを過ぎてる時間なのにそれでも諦めずに来たんだから、
もうなんでも好きな曲をリクエストしちゃえー!という雰囲気に会場は包まれる。
しかし、彼からすればようやくたどり着いたこの場所で落ち着きたいのに、いきなりこんな状況になってしまっては多分、
嬉しいどころじゃなく、逆に混乱しちゃうんじゃないかな・・^^;と見てて感じました(
会場中の視線を浴びるというのは想像以上に緊張しますからね。
(08年FCイベのステージ上での写真撮影やこの前のMary Roseステージサイド席で軽度ながら経験)
そこで「あまり困らせないで〜」と二手くらい先に気を回せるゆかりんの配慮っぷりに感服しました。さすがです。
そして少しの沈黙を終えて、ついに彼の口からリクエストする曲名が放たれる。

彼「Honey Moon」
会場「おおおおおおおおお!」
自分「おおおお!(今回のセトリに入ってない曲をリクエストするとはGJすぎるッ!!)」

JACK「・・ごめん、ハニームーン、わかんない」
会場「工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工!!」


JACKーーー!!w プリアラの時にやったじゃないか!w
まぁ、おそらく楽譜が無いということなのかな(
その後は、gdgdな感じで進み、必殺GODのサックスから放たれた例のメロディでSCSから登場したゆかりんの腰振りダンスになるという展開に(
だが、この腰振りはSCSの時とは微妙に違った。
従来のは左右に揺れるだけのものだったが、今回はそれに前後の動きも加わりセクシーさがマッハに。
これはいかん、すさまじい威力だ!

続いて終盤の、みんな大好きゾーンへ。
プリアラの時から感じていますが、100 CALAT HEARTはFCイベントでもイマイチ揃いませんね^^;
有志が作ったわけでもない、曲に最初から収録されているパートなのだから、いつか揃ってほしいという気は正直あります。
高望みに見えるかもしれませんが、みんなその気になればこんなの余裕なはずなのですがね・・。
でも、先のMCで行われた、ファンクラブ入会年度を尋ねるアンケートで明らかになった
「今この会場の多くを占める層」(→ここ1、2年で入会した人が一番多かった)を考えればわからなくもない気もしますが・・。

一方で、LOVE ME NOW!では事前相談なしで、隣どうしリズムを合わせ放題で笑いましたw 
でも忠誠がちょっと足りない部分もあったような気がするけど(何
そして、ラストを飾るのがTiny Rainbow。
個人的にゆかりん曲の中でベスト3に入るこの曲をここに持ってくる配置はニクいです。
程よいテンポと心地よいリズムにゆかりんの歌声と客席の美しいアーチ。最高の空間です。
こうして文字にしてみて、この曲が好きな理由が分かってきました。
バラードの柔らかさと、跳び曲の楽しさ。
その旨いところを両方練り込んだハイブリットなところに惹かれている、そんな感じがしました。

そしてアンコール。
久々のBaby's Breath。ベビブレから始まるアンコールは08年の武道館を思い出しますね。
続くMCでは、来年のツアーも発表されました。

1/29(日) 名古屋市公会堂
2/4 (土) 仙台サンプラザ
2/5 (日) 仙台サンプラザ
2/11(土) なら100年会館
2/12(日) グランキューブ大阪
2/17(金) 福岡国際会議場
2/19(日) 北九州ソレイユホール
2/26(日) 横浜アリーナ

良会場の仙台2daysに、再び横アリクルー!
福岡と北九州の間が1日空いてるのが宿泊費的な意味でつらいですがw、これは楽しみです。

最後の曲はこの指とまれ。
忙しいHey!が揃うと気持ちいいです。
しかし、ペンライトを普通に振るかタオルを振るべきかでいつも悩むw
そんな感じで盛り上がってライブは終了しました。
お手振りタイムになるわけだけど、席が前の方なので、ゆかりんが近い。ヽ(´ー`)ノ
なんというかとてもアットホームな雰囲気で満たされたライブでした。


ゆかりんが退場してからの終演後、付近の落とし物がきっかけで隣の人と会話をすると、
自分と同じ神奈川から遠征してきた人であったことが判明。しかも秦野住まいらしい。
何、秦野? ならば話は早い、ということで7月にヤビツ越えをした話をしたら、
あそこは(横浜から漕いで来たやつが)自転車で行くところじゃないwと言われました(
サーセンw だが、心身共に鍛えたかったんだ・・!
でもあそこはそれなりにメッカなはずなんだけどなぁ・・(
地元の人からすればそうでもない、ってことなのかな(

会場を出てからは駅のロッカーから荷物を取り出し、宿泊地の大阪へ向かう。
大阪に着いてから、例によって蛸の徹に向う。
が、夜行バスで来た&ライブで体力使い切ってわりと真剣に歩くのもとしんどい状態。
こんな状態じゃ自分でたこ焼きを作る余裕もないだろうということで、近くにあったお蕎麦屋さんに急遽変更しました(

食後、どうにかカプセルホテルにたどり着いて、シャワーを浴びて荷物を整理してマッハで沈没。