×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



前の月 /TOP/次の月



12月31日 2010

2010年あっという間に感じました。
ざーっと月単位で大雑把に思い返してみると、自転車で都内まで行ってそこから巡回とか、新潟に行ったとか、
新幹線の特急料金を払い戻してもらうとか、キツイながらも9月はいろいろと新しい経験があって充実していたなぁ
というのが今年の主な感想です(




12月29日 がらーん

閉店時間の直前のスーパーに行ったら何もかもが売り切れ寸前で、商品棚がスッカラカンだった。
年末でみんな買い込んでるのもあるだろうけど、普段見ない光景が新鮮だった。




12月23日 ベリアル銀河帝国

ウルトラマンゼロThe MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国公開初日。
地元で初回上映を見てきました。
・・が、隣が親子揃ってずっと喋ってる大きいお友達で泣いた(何
なんか常時、ひじとひざがこちらに接触しているんですがああああああああああああああorz
萎縮しながら鑑賞、スタッフロールになってからようやく退けてもらえました(;x;)(遅すぎる

映画の中身は正直期待以上でした。
月並みな感想だけど、みんなキャラが際立っていてイイ!
真面目でスマートな騎士のミラーナイトが、二次元世界に体育座りで引きこもるのには笑った(
見終わった後はミラーナイトのことばかり考えてました(何
あとはゼロに対する印象が変わりました。
前作では、いくら資質があって過酷な環境の惑星でレオに鍛えられたとはいえ、
ポッと出の新キャラが一人で歴代の強豪怪獣(墓場産だけど)を無双しまくって、なんだかなー感があったのですが、
今回は人の窮地を救ったり、人間(ランたち)視点から見てその巨大な姿を現したり、カラータイマーも鳴ったりと、
すごくウルトラマンしてて好感が持てました。
そのチートだった強さも、今回は「別の宇宙」に旅立つということで、もといた宇宙とは違って、
この宇宙の太陽光線はエネルギーにならず、立っているだけでカラータイマーが鳴り始めたり
ランと同化してからは3回しか変身できなかったりと、厳しすぎる環境の中、膨大な数の軍団に立ち向かうという
シチュエーションの上では頼もしい強さに感じました。
そしてその3回しか変身できない縛りの中で即決で変身してしまうゼロがかっこよすぎました。
今回結成されたウルティメイトフォースゼロのこれからもすごく楽しみです。

今回登場したミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボットの元であるミラーマン、ファイヤーマン、ジャンボーグAは
自分はほとんど知らず、円谷がYoutubeで無料配信してる1話を見た程度の知識しかないのに、
それらをオマージュした演出が光ってて、おおっと感動しました。
これは当時リアルタイムでどっぷり浸かってた人には、メビウスの時の自分らみたいに興奮ものでしょうね。
そんなわけで今作はウルトラシリーズに馴染みの無い人でもかなり入りやすい出来だと思います。
むしろ、光の国のウルトラマンたちは今回かなり空気だったような(
最近ヒーロー分や冒険分や特撮分が不足している人にはオススメの一作です。




12月22日 GAMES 

夏の宣言(?)どおり、LIVE GAMES×ACADEMY -BLUE- Blu-Rayを購入。
ひとまず、GAMESの方だけ視聴。
ステージ側から客席を見たアングルで西武ドームの人の多さに圧倒されました。
こんなとこに自分が放り出されたら緊張して声出ねぇ(
そんな中で歌詞をちょっとミスってもだいたい2小節以内で持ち直す奈々さんはすごすぎます。
言ってみれば、歌詞が飛ぶってことはその瞬間頭の中は正しい歌詞を見失ってる状態のはずなのに、
それを記憶の中からぶっこ抜いてきて一瞬で本線に復帰できるっていうのはすさまじい集中力だと思います。

当日、照明の逆光+遠距離だったのもあって確認できなかったのですが
最初の3曲で奈々さんが扇子を持っていたことを今知りました(
蒼き光の果てのイントロが一回ループしてたり間奏のサックスの疾走感など当日感動のあまり
押さえられなかった発見が多々あってまた感動しました。




12月21日 食パン

5分以内に食パン3枚を食べるミッションを自分に課す(何
そのなかで、マンガでよくあるパンを口にくわえたまま走るのってかなりきつそうだなぁなどと考えていました(何
トーストの耳の粉でむせそう・・。




12月20日 会報

メロプリさんから会報が到着。
SCSの写真がたくさん載ってて思い出が蘇るー。
今回は10公演と多かったせいか、ツアーのトーク集コーナーがあって、
参加していない公演のMCも読めて感激です。
そして、シトロンの雨アドトレーラーの出発式の模様が。ゆかりんが運転席に座っている(
改めて見ると運転席の高さといい、トレーラー大きいなぁ。

会報には写真がたくさん載っていますが、SCSでのゆかりん登場直前の天使のシルエットや、
リリパのステージ上の魔法陣の写真をさりげなく小さく載せてるセンスに好感が持てます(



12月19日 ヒーロー

ウルトラマンゼロTHE MOVIE 3連PV第3弾「これが、俺たちの光だッ!編」(円谷公式アカウント)
映画ウルトラマンゼロのPV。
これはちょっと久しぶりにすごく引きこまれる映像だ・・。

前作の銀河伝説がオールグリーンバックだったり作品全体に漂う空気が従来のウルトラから離れすぎた
毛色だったりで自分には合わず、ウルトラも新体制になって変わっちゃったか・・と思っていました。
今作も最初の特報トレーラーを見たときも、正直ゼロとベリアルはもういいや・・と思っていたのが、
これらの予告編で見えてくる屋外でのロケシーンやおなじみのセット撮影などを見て考えは一転、
これはもしや?と感じ始め、ネクサスやメビウスで活躍したアベ監督が携わっていることもわかり、
映像から出てくる馴染みある安心の雰囲気にこれだよ、これ!と一気に楽しみになりました。
これはもう初日に観に行く勢いです。(そこまで
またウルトラマンとは別の、70年代の円谷ヒーロー、ミラーマン、ファイヤーマン、ジャンボーグAを
現代風にリメイクした3人が出てくるのが新しいです。3人ともスタイリッシュでかなりかっこいいです。




12月13日 魂

G'z one TYPE-Xの開発陣インタビューなる記事が。
かなり共感するところがいくつもあって、読みながら何度もPCの前でうんうんと唸ってしまったw
なんだか生きる希望がわいてきた(そこまで
イロモノやピーキーなものを好む傾向にある人は読んでみるといいと思います(

またKoePotaさんにてリリカルパーティーWの写真つきレポートが。
DonnaさんとKevinさんの写真が印象的です(




12月11日 一致 

なのはMUSEUMなるものがゲーマーズ本店で開催されているというので見てきました。

5階のフロアがまるごとなのは一色となっていました。なんという空間だ・・。
具体的には映像作品、CD、書籍、アクセサリー、その他もろもろというか、
今販売しているグッズのほとんどがまとめて1フロアに陳列されていて、
壁際のショーケースには劇場版の原画や台本が飾ってありました。
そしてなにやら一箇所だけ「写真撮影OK」の札が立ってる箇所が。



なのはさんフェイトさんと一緒に写真が撮れるようです(
何か面白いポーズとかできるわけでもなし、今日は代理(?)になってくれるパペットを
連れてきているわけでもなしでコーナーだけ撮影(

このドレスを召した2人のパネルはちょっと前に雑誌の表紙かなんかを飾っていたなー、と思いながら見ていると、
なのはさんのポーズと衣装にすごく身近な何かを思い出す。



んー、何だっけ・・。

赤いリボンに髪はツインテール、ピンクの衣装に、
腕はひざの方へまっすぐ伸びてて、一番下は赤いくつ、
直感的に手のひらにソフトな感触と心温まる存在感が浮かび上がる・・。

・・・・。


・・! 

――あいつだ!





ちびっこゆかりん!!!!




完全に一致。




12月9日 強化

まだ初々しい設定の携帯を自分色に強化する極めて自己満足色の強いひととき。
赤と黒でなんかテーマになるものないかな・・とふと棚に目をやるとヴィータのfigmaが目に入る。
とりあえず、A'sのDVDに付属のCDからアイゼンのボイスを頂いたり色々する(
Forceのウォーハンマーのカラーがマグマレッド/ブラックサファイアということでこれがピッタリだったけど、
まだコミックだけで音もよくわからないし、画像も少ないので保留。

しかし、費やした作業時間や内容のわりに書くことが少ない(




12月8日 ついったー 

ツイッターをはじめて1年のようです。
昔から遠征中なんかに現在いる地点やその時の時間(タイムスタンプ)をメモ代わりに記せるものが欲しいなーと思ったり、
またある時は、自分の移動状況を知りたがってる人がいたとして、その人へ逐一メールを送るのも面倒なので
こういう定期報告する場所を設けて、そこを参照してもらえれば手っ取り早いよなぁと思うことがあった身としては
これはかなり良いツールだと思っています。

イベントの日なんかは、日記にあとでしっかり書きたいけど、とりあえず今すぐ忘れないうちに、
簡易版でいいから起こったことを記しておける、というのがいいですね。
仮にフォローしている・されている人がともに0人の状態でもハッシュタグを使えば、
同じ情報を欲しがっている人に速報が打てるというのもいいですね。
使い方は人それぞれだけど、日記をしっかりと摂らねばならない三食とするなら
これはそれらで不足した栄養を補えるお菓子の感覚で気軽に記録できるものという感じで使っています(イミフ
(言うまでもなく、世界に発する自分の発言には責任を持つ前提のもと)
発言した内容(ツイート)を自動で日付ごとに記録してくれるTwilogは日記の下書きにもなってくれて便利です。

あと、フォロワーの存在を気にして、発言内容を絞ったりするのをしばしば見かける。
こう言えばツールに対するスタンスなんて人それぞれだと返ってくるだろうし、それで満足してるならいいけど、
ツイッターはそもそも言ってみれば、発言から「その人そのもの」が垣間見れるツールではないのだろうか・・。
あとこれはツイッターに限ったことではありませんが、どうにも人を個として見ず、
属しているものや好んでいるものなどの外面、レッテルだけで判断する風潮が目につくのは気のせいでしょうか。




12月6日 安静

薬のおかげもあってか、症状はほとんど落ち着いたものの今日は念のため安静にすることに。
久しぶりに死んだなぁ・・。
直接の原因はなんだったんだろう・・。
点滴を刺した傷がうずく(




12月5日 診断 

一晩で5回吐いて7回以上の下痢という爆死っぷり。
トイレが部屋のドアを開けたら廊下を挟んで目の前で助かったよ・・(
朝になったら病院に行くんだ・・と思うもなかなか朝が来ない!
最初に寝始めたのが21時頃で、吐き気で23時頃目覚める。
それ以降、寝る→起きるの繰り返し。
だいたい、体内のものはもうすべて出し尽くして何も残ってないのに、
コップ半分ほどのアクエリアスを飲んだ瞬間、尿意じゃなくて下痢になるってどういうことなの・・。
体はこの異常事態に見舞われながらも睡眠自体はそれなりにとってしまったので眠ることができず、
これらの症状を誤魔化すことが許されない地獄のミッドナイト。
太陽ーー、早く昇ってくれーーーー!

長い夜がようやく明けて、病院へ。
体内にもう何も栄養となるようなものは残っておらず、歩くのさえヘロヘロなので点滴を差してもらうことに。点滴なんて何年ぶりだろう。
そして注射したり、レントゲン撮ったりした結果、ウイルス性腸炎と診断されました。
ノロではないらしい、よかった(
腸内のウイルスを投薬によって直接攻撃することはできないらしく整腸剤を処方される。
とりあえずこれからも下痢を続けて、自然に菌を体外に出すのが解決法らしい。
この苦痛からの救済を求めて病院にやってきたというのに、この解決法を聞いた時はちょっと心が折れそうになりました(
もう懲り懲りだよ・・。




12月4日 崩壊

夜、途端に胃が痛くなり始める。
まぁよくあることだと思いつつもなかなか治まらないので、キャベジンを服用する。
しかし痛みは止まるどころか、どんどん激しくなっていく。
疲れてるんだしシャワー入って気分転換・・と思っても未だ治まらず。
もうこうなれば早く寝ようということで布団に入る。
毛布にくるまって何分経っても冷えたままの体と止まらぬ寒気。
そして猛烈な吐き気と下痢に襲われ何度も何度もトイレに駆け込むスパイラルに陥る。
これはいかん。




12月1日 テラなのは 



メガミマガジン、なのはtypeを購入。
久しぶりに雑誌を購入しました。
メガミマガジンはともかくとして、なのはtype。
月刊Newtypeや娘typeていうのは聞いたことあるけど、なのはtypeというのはすごい。
つまりはなのはオンリーの専門誌。
一応、コンプエース1月号増刊ということで今回だけらしいけど、なのは記事やピンナップ目当てで
かつてメガミを買ってた身からするとこういうのはある意味理想の存在です(

2冊ともリリカルパーティーで発表になった劇場版A'sやゲーム第2弾GEARS OF DESTINYが目玉記事な中、
なのはtypeの方は読みきりのコミックが何本か載ってて、とくにヴィータメインのVivid特別編と、
スピンオフのフェイタルフェイトが面白かったです。
とくに後者、魔法の国の女王プレシア、執政官リンディ、メイド長リニスとかカオスすぎる(
他にも、これまでに発売されたコミケグッズの一覧など、今となっては
画像の確保が難しいものまで網羅されており、資料的価値も極めて高い1冊でした。